ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

月100時間サビ残ヤマト社員 「サービス残業ありきの会社」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「日本最大の成長産業」とも言われる宅配業界を牽引してきたのが、最大手のヤマト運輸であることは間違いない。しかし、その盟主もまた、急成長に伴う「痛み」に苦しんでいる。いま、この国の経済を支えてきた宅配システムが、大きな岐路を迎えている。ジャーナリストの横田増生氏がレポートする。

 * * *
 ヤマト運輸で一〇年近くセールス・ドライバー(SD)としてハンドルを握る金井高志(四〇)=仮名は、二年程前にうつ病にかかった。金井の働く宅急便センターでサービス残業が横行しているのが原因だった、と彼は言う。

 朝は、六時三〇分前後に出勤するが、〈PP(ポータブル・ポス)端末〉の立ち上げは八時以降と決められている。

 ヤマト運輸では、携帯電話を一回り大きくしたような宅急便の業務に使うPP端末の立ち上げから終了までをドライバーの勤務時間としている。

「八時以前にPP端末を立ち上げることを、うちのセンターでは”フライング”と呼んでいます。”フライング”すると、その日のうちに支店長から注意を受けます」

 しかし、会社が決めた時間に出勤すれば、とても時間指定通りにすべての荷物を配りきることはできない。

 また、勤務表では、昼食の時間を一時間とれることになっているが、一時間とれることはめったにない。しかたなく、運転したままで食べることができる、煎餅やバナナ、チョコレートなどで昼食の代わりとする。

 夜は、午後九時の時間指定の荷物を配り終えて帰社するとすぐに打刻して、その後、代引きの現金を精算したり、伝票を整理したり、センターの後片付けをしたりする。その時間が一時間弱。一日合計で、三時間強のサービス残業をしていることになる。

「法律違反であるサービス残業がヤマトではまかり通っていることに僕は腹を立てていました。おかしい、許せない、という気持ちが募って、不眠に陥り、それがうつ病につながったんだと思っています」

 と金井は語る。

 金井の診断書には「抑うつ状態 上記の疾病の為、二~三カ月の休養加療を要する」とある。だが、抗うつ剤を服用すると、運転に支障をきたす恐れがあるため、薬を飲まず仕事をつづけた。

 しかし、上司にはもちろん、労働組合にもサービス残業について相談することはできなかった。

「もし労組から会社に連絡がいけば、会社にいられなくなるという不安がありますから」(金井)

 ヤマト運輸の関西エリアで一〇年以上働き、宅急便センター長を務める近藤光太郎=仮名の場合、残業時間はさらに長くなる。

「多い時は、月に九〇時間から一〇〇時間ぐらいサービス残業をしていますね」

 ヤマト運輸では、センター長も、SD同様に集荷集配をこなす。そのセンター長が、セールス・ドライバーより、サービス残業が長くなるのは、週に一、二回ある半日出勤の日に、会社に残りセンター長として仕事をするからだ。午前八時から午後一時までの勤務の場合、そのあと午後一〇時や一一時まで残って仕事をしていることも少なくない。

「ヤマトは、サービス残業ありきの会社だと割り切っていますから。これを上司や本社に言っても現場の長時間労働が変わることはないだろう、と思っています」
 
※SAPIO2015年3月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ヤマト運輸役員「サービス残業の黙認は会社にとってリスク」
某大手牛丼チェーン バイト初日で1時間のサービス残業強いる
アジア現地配送業は扉開放で走行 進出チャンスと見るヤマト

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。