ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

軽キャンピングカー大ブーム 6名寝られる驚異の軽キャンも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 軽自動車ベースの「軽キャン」大ブームに乗り、過去最多の300台の最新キャンピングカーが勢揃い──。

 2月16日まで千葉・幕張メッセで開催された『ジャパンキャンピングカーショー』には6万人が来場した。

 限られた空間をさらに快適に使うため技術革新された「軽キャン」がズラリ。その中から驚異の装備を持つ2台を紹介しよう。

【ロードセレクト コンパクト】
発売元:カスタムセレクト/価格:199万4000円~

 軽キャンの就寝定員は2名が一般的だが、オプションで業界初の上下可動する2段ベッドを付けてプラス2名、さらにルーフテントを装着してプラス2名の最大6名が寝られる。シャワー兼用シンクセットや電子レンジなど50種以上のオプションで用途に応じカスタムできる。

【6WHテントむし】
発売元:バンショップ ミカミ/価格:483万円~

 6輪にすることで全長を660mm伸ばし、広い居住空間を確保。軽自動車ベースながら国産コンパクトカーに近い全長で、リビングスペースでは大人6名がゆったりとくつろげる。横のエントランス部分が大きく収納スペースも多いので、キャンプ道具の出し入れや運搬も楽。

●撮影/荻原大志

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
シニアに人気の「軽キャン」 魅力は200万円前後の手頃感
キャンピングカーの購入 装備や納期など注意点を専門家解説
【東京オートサロン】スバルのレヴォーグ改と茶髪ボブ美女

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。