ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国人観光客 土産選びに情熱を注ぐのは日本製が喜ばれるため

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国の旧正月「春節」を祝う7連休(2月18~24日)で中国人観光客が日本に押し寄せている。彼らはどんなお土産を持ち帰るのか。銀座の家電量販店では、上海在住の50代夫婦が土産物を探していた。

「何度も日本に来ているけど、そのたびにセラミック包丁と爪切りを大量に買って帰ります。京セラのセラミック包丁がお気に入り。爪切りは一個1000円くらいのがいい。誰にあげても、中国製とは切れ味が全然違うと喜ばれます」

 タイガー魔法瓶などステンレスボトルの人気も凄まじい。売り場に群がっていた中国人客は、口々にこういった。

「中国製のは熱いお茶がすぐに冷めるが、日本製は絶対にそんなことはない」
「中国は硬水で水垢がつきやすいが、日本製は汚れにくく洗浄が簡単」

 食品ではチョコレートが人気だ。なかでも「キットカット」は喜ばれるという。

「日本では『きっと勝つ』という意味の縁起モノだとネットで知りました」(20代の中国人女性)

 北海道土産の定番として有名なチョコ「ロイズ」も中国では憧れの高級ブランド菓子だ。本国で130元(約2600円)もするのに、日本なら3分の1以下で買えるから買い漁るのも無理はない。

 中国人が日本人以上にお土産選びに情熱を注ぐのは文化の違いが大きい。上海在住の日本人ジャーナリストが解説する。

「中国では親戚や友人、知人との関係を重んじるので、多くの人にお土産を配る習慣があります。海外旅行に行っていたのにお土産がなければ、信頼関係に影響することもある。特に喜ばれる日本のお土産だから、熱が入ってしまうのです」

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国人 日本のティッシュ・黒烏龍茶・ベビースターが好き
優待株投資のツボ 株主総会に出席してお土産もらえる銘柄も
アジアで8割超が日本に好印象 中韓だけ日本嫌いの現実あり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP