ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なんじゃこりゃwww からくり人形で「へそで茶をかす」を表現、奇怪な動きが怖くて 怖くて 震える!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

へそで茶を沸かす… おかしくてしょうがないこと。また、ばかばかしくて仕方がないことのたとえ。

「へそで茶を沸かす」このことわざをからくり人形で表現した作品がなんとも奇怪でコミカルな動きで面白いんです。早速作品を見ていただきましょう!

やばいこの動きwww

ハンドルで歯車を回すことで台の上に寝転がった人形がやかんの熱さにジタバタ。まさにへそで茶を沸かす。その激しすぎる動きたるや本当に茶が沸いてしまいそうな熱量であります。

この作品を制作したのは原田和明(二象舎)さん。原田さんはオートマタの作家さんでそのほかにも数々の作品がホームページに公開されています

オートマタとはいわゆる西洋からくり人形。日本のからくり人形のようなもので、ゼンマイや歯車を利用して人形などを動かす自動人形のこと。

日本のからくり人形は主に木で歯車などを組んで制作されていましたが、オートマタはオルゴールや時計の技術が応用されているので精巧に金属で組まれていたものが多いそうです。

今回紹介した原田さんの作品は木組みで制作されているのでからくり人形に近いのでしょうかね。木でつくられていることで見た目に柔らかさがあって、人形の可愛らしさがさらに魅力的にうつります。

原田和明|二象舎

関連記事リンク(外部サイト)

復元された東京駅 優美な駅舎を味わい尽くす方法とは?
セイコー×伝統技術!漆の技術で漆黒の文字盤が美しい機械式腕時計が登場
可愛い〜っ♪ 赤鬼・青鬼、日の丸富士山の手ぶくろ。これからの季節にグー!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP