ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

植田真梨恵が大阪・アメ村三角公園前で約1000人と共鳴、公式FC設立を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫
植田真梨恵が大阪・アメ村三角公園前で約1000人と共鳴、公式FC設立を発表

2月25日にメジャー1stフルアルバム「はなしはそれからだ」をリリースしたシンガーソングライター植田真梨恵。リリース記念イベントを活動拠点となる大阪・心斎橋アメリカ村三角公園前RIBIAビジョンで開催した。

告知時間18:00の少し前に心斎橋アメリカ村三角公園界隈は、平日にも関わらず、多くの若者が集まり、三角公園内は多くの人だかりに。まだ寒さの残る夕暮れ、そこだけが熱を帯びて植田真梨恵本人の登場を待ちわびている。過去には数多くのアーティストが伝説のライブを繰り広げた聖地で、18:00きっかりにRIBIAビジョンの画面に植田真梨恵本人がライブを行うことを告知、画面がみるみる開きライブがいきなりスタートした。

アコースティックではなく、バンドを引き連れて登場した彼女。1曲目はメジャーデビューシングルとして発表した「彼に守ってほしい10のこと」でスタート。耳なじみのある楽曲だからか、たまたま通行していた人達も次々と足を止める。

「アメリカ村におられる皆さん!植田真梨恵と言います!楽しんでください!私が大切にしている曲をやります!」のMC後、インディーズ時代の最後のシングル「心と体」で既にオーディエンスはヒートアップ。目ん玉をひん剥き、オーディエンスを威嚇するかのように、または優しく包み込むように変幻自在のパフォーマンスで圧倒していく。

そして、2ndシングル「ザクロの実」ではピアノ主体のサウンドで高音ボーカルが心地よく鳴り響き、「毎日、いろんなことがある生活の中で、皆さんの毎日を音楽が救ってくれると私は思います。私の音楽もそんな存在になれば嬉しいです」と紹介されたアルバムからのリード曲「FRIDAY」を最後に披露!植田真梨恵がかき鳴らすギターリフにバンドサウンドが重なり、疾走感を増していく。この頃には会場となったアメリカ村三角公園は、一体感で包まれライブハウスにいるような錯覚に陥る。時間にして20分。あっという間にLIVEが終了したころには約1,000にもの人だかりが。多くのファンがCD購入の為に列を作り、リリース記念イベントは幕を閉じた。

そして、アルバムに封入で告知された“植田真梨恵”バックアップパーティー「箱庭」の設立がオフィシャルサイト上でも発表された。これは無料で登録できるオフィシャルファンクラブ。会員サイト限定のスペシャルコンテンツや最新のメルマガ情報、ライブチケット等、内容も充実しているとのこと。詳しくはオフィシャルサイトまで。

関連リンク

植田真梨恵 オフィシャルサイトhttp://uedamarie.com/
植田真梨恵 オフィシャルブログ *せんせいフィックス・ミー・ナウ*http://blog.excite.co.jp/uedamarie/
植田真梨恵 twitterアカウント@uedamarie

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。