体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ムーミン一色! 六本木ヒルズで開催中のムーミンイベントを制覇してきた・前編

ムーミン一色! 六本木ヒルズで開催中のムーミンイベントを制覇してきた・前編
 六本木ヒルズでは現在、ムーミンの原作者・トーベ・ヤンソンの生誕100周年を記念して制作された長編アニメーション映画『劇場版 ムーミン 南の海で楽しいバカンス』の公開に伴い、ムーミンとコラボしたイベント「Roppongi Hills meets Moomins」が開催中だ。

 同イベントでは、「ムーミンカフェ」とのコラボカフェや、レストランでのコラボレーションメニューを楽しめるほか、同映画の原画展、記念グッズ販売、フォトスポットなどを展開しており、まさにムーミン一色。

 Twitter上では「六本木ヒルズがムーミン祭やん」「六本木ヒルズを散策していたら、でっかいムーミンが飾ってあってオオーッとなった」「とっても癒されました~」など絶賛の声が上がっている。

 早速記者もムーミンに会いに行くために、六本木ヒルズへ向かった。

ムーミン一色! 六本木ヒルズで開催中のムーミンイベントを制覇してきた・前編 まずはムーミンが相席してくれることで有名な「ムーミンカフェ」とコラボしたカフェ「『劇場版 ムーミン 南の海で楽しいバカンス』シネマサロン」(ヒルズ カフェ/スペース)へ。 ムーミン一色! 六本木ヒルズで開催中のムーミンイベントを制覇してきた・前編 入店するとムーミンとその仲間たちによるお出迎えが。窓際から客席を見渡すように配置されているため、ムーミンと目が合うような気がして、ファンにはたまらない空間だ。

 同店ではムーミンデザインのフードやドリンク、デザートを楽しめる。

ムーミン一色! 六本木ヒルズで開催中のムーミンイベントを制覇してきた・前編 まずは笑顔のムーミンライスが特徴的な「オリジナルプレート」(税込1,200円)。かなり分厚い牛肉入りのハヤシライスだ。ムーミンの目はブラックオリーブでできている。サラダやスープなども盛られた、食べ応えのある一品だ。 ムーミン一色! 六本木ヒルズで開催中のムーミンイベントを制覇してきた・前編 同じくムーミンの顔がデザインされた「オリジナルワッフルプレート」(税込950円)は、しっとりとした食感のワッフル。ハチミツの風味が口いっぱいに広がって、とてもおいしい。酸味の効いたベリーソースに絡めて食べると、あっさりとした味わいに。

ムーミン一色! 六本木ヒルズで開催中のムーミンイベントを制覇してきた・前編 「映画限定柄シルエットラテ」(税込650円)は、映画のワンシーンを再現したラテアートが施されている。ここでしか味わえないドリンクなのだとか。それにしても、どれも口にするのに躊躇してしまう可愛さだ。
 
ムーミン一色! 六本木ヒルズで開催中のムーミンイベントを制覇してきた・前編ムーミン一色! 六本木ヒルズで開催中のムーミンイベントを制覇してきた・前編ムーミン一色! 六本木ヒルズで開催中のムーミンイベントを制覇してきた・前編ムーミン一色! 六本木ヒルズで開催中のムーミンイベントを制覇してきた・前編 ムーミン尽くしなのは食事だけではない。壁やテーブルなどの内装には同映画のワンシーンが描かれ、映画を観ていない人にとっては「一体どんなシーンなの?」と気になるデザインになっている。映画をチェックしてから立ち寄ると、より盛り上がれそうだ。こちらは3月1日までの開催なのでお早目に!

1 2次のページ
Scoopie Newsの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。