ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米Verizon、「BlackBerry Classic」を販売開始、カメラを搭載しない“カメラレスモデル”もあり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の通信キャリア Verizon が予告通り、「BlackBerry Classic」の販売を開始しました。しかも、通常モデルの他にカメラを搭載しないカメラレスモデルも含む 2 種類が販売されています。BlackBerry Classic はトラックパッドや QWERTY キーボードを搭載した従来型スタイルの筐体に、3.5 インチ 720 × 720 ピクセルのタッチパネルや Snapdragon S4 MSM8960 1.5GHz デュアルコアプロセッサ、背面に 800 万画素カメラ、前面に 190 万画素カメラ、2,515mAh バッテリーなどを搭載した現行最新の BlackBerry スマートフォン。カメラレスモデルは通常版の前後にあるカメラを省き、企業内でも利用しやすくしたモデルです。カメラ以外のスペックは通常版と同じで、価格も通常版と同額です。Verizon での価格は 同社との 2 年契約で $99.99(約 12,000 円)。本体のみの価格は $399.99(約 50,000 円)。噂されていた Qi ワイヤレス充電への対応には触れていないので、おそらく、対応していないと思います。次はカメラレスモデルのプレス画像です。最近の Verizon 端末は WCDMA と LTE のグローバルバンドに対応しているものの、SIM ロックがかかっておらず、規格の合うSIMカードであれば基本的には利用できます。Verizon版の対応周波数は、GSM(850 / 900 / 1800 / 1900MHz)、CDMA2000(800 / 1900MHz)、WCDMA(850 / 900 / 1900 / 2100MHz)、FDD-LTE 700(B13)/ 1700(B4)。今のところ、Verizon 版は同社の直販サイトでしか販売されていません。当然のことながら、日本向けには販売されていないので、国内から購入しようとしてもセキュリティで弾かれてしまい、注文は強制的にキャンセルされます。そのうち Amazon でも発売され、転送サービスを使って輸入できるようになると思います。カメラレスモデルは昨今のスマートフォンとしては非常に珍しいので、コレクターとしての所有欲を掻き立てられますね。Source : Verizon


(juggly.cn)記事関連リンク
HuluのAndroidアプリがAndroid TVに対応、Google Playストアからダウンロード可能に
HTC、今年もまたHTC One(M8)のUEFAチャンピオンズリーグモデルを制作
Intel、次世代Atomでブランド名をAtom X3 / X5 / X7に刷新

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP