ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

広島優勝巨人2位を予想する片岡篤史氏 「セは捕手に注目」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 球春到来。日本ハムや阪神で活躍した評論家・片岡篤史氏がセ・リーグの順位を予想した。予想は以下の通り。

【1】広島【2】巨人【3】阪神【4】ヤクルト【5】横浜【6】中日

 片岡氏は阪神を引退後、解説者として活躍する一方、学校法人・芦屋学園のスポーツモダニズムプロジェクトに参加、客員教授を務めている。
 
 最初は「この時期に順位予想?」と眉を顰めたが、しばらく考えて口を開いたのは、「セの6位は中日かな……」だった。
 
「下から順に横浜、ヤクルト、阪神、巨人、そして広島。1位の広島は黒田博樹の“男気”に期待を込めた予想です。久しぶりに優勝してほしいという個人的な気持ちでもあります」
 
 根拠がないわけではない。片岡氏は特に「捕手」に注目する。
 
「マエケンという主軸投手がいる中で、黒田が加わって支える力は大きい。阪神から古巣に戻った新井貴浩もいるし、野手にも伸び盛りの選手が多い。特に石原慶幸というベテラン捕手の控えで、若手の會澤翼が育ってきたのが頼もしい」
 
 そこに立ちはだかるのが、広島と並んで優勝候補に推す巨人だ。巨人のキーマンも捕手。
 
「若い小林誠司と移籍組の相川亮二が、どのように補い合い、どれだけやれるかにかかっていると見ています」
 
 阪神も同様である。
 
「2年目の梅野隆太郎がしっかりと定着できるかどうかにかかっていると思います。加えて阪神の場合は、西岡剛と上本博紀の二塁ポジション争いに注目しています」

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元スカウト 古田敦也・高橋由伸らの入団の舞台裏を暴露
金本氏 新井貴浩は「ダメダメ」、阪神入閣「ありえませ~ん」
神宮の広島最終戦で前田智・宮本を愛した両ファンからエール

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP