ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LG、VoLTEやNFC決済対応で独自OSを搭載した新型スマートウォッチ「LG Watch Urbane LTE」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LG が VoLTE での音声通話も可能な LTE 対応の “ほぼ全部入り” スマートウォッチ「LG Watch Urbane LTE」を発表しました。この機種は MWC 2015 に出展されます。ネーミングからすると、先週発表された Android Wear スマートウォッチ「LG Watch Urbane」の LTE モデルになるのですが、LTE データ通信や VoLTE の音声通話、NFC によるモバイル決済機能、複数人でボイスメッセージをやり取りできるアプリ、保護者への緊急発信機能、ジャイロスコープ / 加速度 / コンパス / 気圧 / 心拍 / GPS を搭載するなど、ハードウェアベースの機能はこれまでのスマートウォッチの中で最多と言える内容です。また、LG Watch Urbane が Android Wear を搭載しているのに対して、LG Watch Urbane LTE は同社が独自に開発した「LG ウェアラブルプラットフォーム」(たぶん webOS ベース)を搭載しています。サポート端末は Android 4.4 以上とされています。LG Watch Urbane には側面に 3 つの竜頭型ボタンがあり、上のボタン「クイック設定」ではバッテリー使用量や画面の明るさを設定でき、中央のボタンでは時計画面モードとアプリリストモードを切り替えられます。下のボタンは短時間押すと「戻る」、長時間押すと緊急発信を行えます。さらに、時計を腕から外すとと画面が自動的に消灯してバッテリー消費量を抑制する機能のほか、付属の充電器に置くと UI が 90 度回転して置時計としても機能するようになっています。LG Watch Urbane LTE は今の常識からするとかなり高機能で、バッテリー容量が気になるところですが、バッテリーは 700mAh も積まれているそうです。一般的な Android Wear スマートウォッチが 400mAh 前後なので、1.7 倍程度大きいことになります。LG Watch Urbane LTE の主要スペックは、1.3 インチ 320 × 320 ピクセルの P-OLED パネル、Snapdragon 400 1.2GHz クアッドコアプロセッサ、1GB RAM、4GB ROM を搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0 / LE、NFC に対応。本体はステンレスボディを採用しており、IP67 の防水・防塵に対応。カラバリはシルバー 1 色で、本体にはスピーカーやマイクもあります。Source : LG


(juggly.cn)記事関連リンク
Microsoft、Android版Excelで数字を入力しやすくする専用キーボードアプリ「Keyboard for Excel」をリリース
米AT&T版Galaxy S 6とされる端末の実物写真が流出
BlackBerry、BES12で「Android for Work」のサポートを発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP