体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

堂島孝平、活動20周年記念公演に豪華ゲストが続々出演

デビュー20周年を迎えた堂島孝平が2月22日(日)、東京・中野サンプラザホールで「堂島孝平 活動20周年記念公演 オールスター大感謝祭!」を開催した。

2月22日(日)@東京・中野サンプラザホール (okmusic UP's)

堂島の39歳の誕生日に行われたこのイベントにはYO-KING、桜井秀俊、東京スカパラダイスオーケストラ、NONA REEVES、和田唱(トライセラトップス)、レキシなど豪華なゲストが出演。堂島孝平というアーティストの幅広い才能と誰からも愛される人柄、そして、20年の活動の軌跡がまっすぐに伝わるステージが繰り広げられた。

17時ジャストに赤いジャケットを着た堂島が登場。両手を上げて挨拶した後、エレキギターの弾き語りによる「いとしの第三惑星」からイベントの第一部がスタート。曲の途中でA.C.E.(奥田健介/G 鹿島達也/Ba 小松シゲル/Dr 渡辺シュンスケ/Key)が登場、‘95年2月21日にリリースされたデビュー曲「俺はどこへ行く」を披露し、イベントのオープニングを鮮やかに飾った。この日の最初のゲストはヒックスヴィル。「自分の音楽活動に大きなきっかけをくれた曲で景気をつけたいと思います」というMCとともに「葛飾ラプソディー」(‘97年/アニメ「こちら葛飾区亀有公演前派出所」オープニングテーマ)を演奏し、ノスタルジックな雰囲気を演出。ジャズのエッセンスと抒情的なポップスを融合させたアレンジも素晴らしい。

さらにNONA REEVES、和田唱など、堂島と交流のあるアーティストが次々と登場。「6AM(feat.西寺郷太)」「Raspberry」(トライセラトップス)など堂島自身がリクエストした楽曲によるスペシャルなコラボレーションが実現し、“オールスター大感謝祭”というタイトルにふさわしいステージにつながっていく。第一部ラストではGO-GO KING RECORDERS(tatsu/Ba 沖祐市/key 大森はじめ/Per 茂木欣一/Dr)とともに「夜間飛行」「メロディアス」「25才」「ルーザー」をパフォーマンス。個性的なミュージシャンによる緊張感に満ちたバンドサウンドのなかで堂島のストイックなボーカルが響き渡り、イベントは最初のピークを迎えた。

第二部は西寺郷太(NONA REEVES)、藤井隆とともに結成したアイドルユニット(?)“Small Boys”のステージ。「西部警察」のパロディによるオープニング映像、EDMテイストのトラックとカラフルなメロディ、キュートな振付によって、サイリウムを持ったオーディエンスを盛り上げる。このハジけたエンターテインメント性もまた、堂島の魅力だ。

イベントは第三部へ。堂島が楽曲プロデュースを担当した住岡梨奈、現在の堂島のライブを支えるHi-Tension Please!、デビュー前から交流があるというUNISON SQUARE GARDENなど、年齢とジャンルを超えたゲスト陣とセッションを繰り広げる。そして、この日の最初のハイライトとも言えるのが東京スカパラダイスオーケストラとのコラボ。茂木がボーカルを取る「銀河と迷路」の途中で白いスーツと黒のハットで決めた堂島がステージに現れ、大きな歓声が巻き起こる。さらにスカパラがこのイベントのためにアレンジした「So She,So I」、「ジャングル・ブギー」(笠置シズ子)を放ち、会場をダンスホールへと変貌させていった。

続くゲストはレキシ。「20周年のお祝いなんだけど、レキシ・ネームで呼んでいい?」(レキシ)ということで、堂島は“マウス小僧JIROKICHI”として「妹子なぅ」を披露。「狩りから稲作へ」(レキシ)では「出来るかな…」と言いつつ堂島が切れ味のいいラップを聴かせる。いつも通りの小ネタとダジャレ・トークで長引きそうになりつつも、会場を極上&爆笑のファンク・ミュージックで包み込んだ。

スタートから3時間半が過ぎ、イベントはついにクライマックスへと向かう。ヒックスヴィル、6人編成の女性ホーンセクション、さらに桜井秀俊(真心ブラザーズ)などによるビッグバンド「堂島孝平楽団」で「セピア」「センチメンタル・シティ・ロマンス」といったシングル曲をゴージャズに演奏した後、「僕の本当に大好きな人をお迎えするので、ここ一番の拍手をもらいたいです」という紹介でYO-KINGがステージに姿を見せる。まずは「キンプリのテーマ」(“キンプリ”とはYO-KINGと堂島によるユニット“KING&PRINCE”)披露。続いて「95年の2月21日にデビューでしょ? 本当は昨日(2月21日)このイベントやりたかったよね。俺、昨日ここで(真心ブラザーズのライブ)やってたんだよ。ごめんね」「いえいえ。来てくれてありがとうございます」というやりとりを挟み「Hey!みんな元気かい」、「YO-KINGさんと2マンライブしたときに初めて歌って、“あれは絶対、ずっと歌い続けたほうがいい”と言ってくれた曲」(堂島)という「旅人のうた」(YO-KINGのブルースハープが絶品!)。アコースティックギターと歌による、最高に贅沢なセッションだった。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy