ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電球ソケットにさして使うプロジェクター「Beam」、デマンド設定も!

DATE:
  • ガジェット通信を≫
Beam

ソケットにさしこむだけで、スマートフォンで操作が可能になるスマート電球はこれまで紹介してきたが、このほど資金超調達サイトKickstarterに登場したのは、電球ソケットにさし込んで使うプロジェクター。

Androidを搭載しているのでアプリ画面を映し出せ、また専用アプリ(iOS、Android)を使ってスマホやPCの写真や動画を机や壁に映して楽しむこともできる。

・AirPlayやMiraCast対応

ロサンゼルス拠点のスタートアップ「Beam Labs」が手がけ、現在特許を申請中の「Beam」というのがそれ。

使い方は非常にシンプルで、ソケット(口金E26とE27)にさしこむだけ。天井から吊り下げてもいいし、通常のプロジェクターのように机の上に置いて壁に向けて使ってもいい。

Beam2

専用のアプリがあり、またAirPlayやMiraCastに対応する。なので、大人数で写真やビデオを楽しむのに使ったり、打ち合わせなどで資料を見やすく表示したりと、さまざまなシーンに使えそうだ。

・時間でプログラム設定も

そして便利なのは、あらかじめ決めた時間にニュースが映し出されるようにしたり、誰かが帰宅したらYoutubeが見られるようにしたりできること。ニーズに応じて表示するコンテンツや時間などをアプリで好きなように設定できる。

また、Beamにはプロジェクターの光源以外のLEDライトもついているので、プロジェクターとして使用しないときは、普通にライトとしても使える。

入手するには399ドル出資する必要があり、やや値ははる。ただ、かなり多機能なので、いろいろと遊べそうではある。キャンペーンは3月24日まで、順調にいけば今年10月の発送を予定している。

Beam/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。