ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

石田彰の落語ボイスを先行公開! マンガアプリ『週刊Dモーニング』で『昭和元禄落語心中』リバイバル連載 [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

rakugoshinjyu_01

講談社の季刊コミック誌『ITAN』で連載され話題となった雲田はるこさんの『昭和元禄落語心中』。2014年12月にはTVアニメ化が発表され、関智一さん、石田彰さん、小林ゆうさん、山寺宏一さん、林原めぐみさん、家中宏さん、山口勝平さんといった豪華なキャスト陣に期待が高まっています。
そんな中、週刊コミック誌配信アプリ『週刊Dモーニング』で、『昭和元禄落語心中』のコミックスが音声付きでリバイバル連載。また、同アプリの読者限定企画として、2015年3月6日発売予定のコミックス7巻のOAD付き特装版で、石田彰さんが演じる八代目有楽亭八雲の落語「死神」が先行公開、ダウンロードも可能となっています。

「落語を聞いたことがない人も寄席に足を運びたくなる」と評判の本作。その落語シーンを出囃子つきで読めるというのは「音声つきマンガ」ならでは。また、コミックス1巻の「与太郎放浪篇」150ページ分をアニメドラマ化したという特装版のOADの内容が気になっているという人は多いはず。その、真打ちともいえる落語シーン、それも石田さんによる「昭和最後の大名人」ぶりをイチ早く聴けるというのはファンならずとも嬉しいところなのではないでしょうか。

先行公開ボイスをダウンロードするには、『週刊Dモーニング』から『昭和元禄落語心中』を最後まで読み、特設ページへと移行。ページに表示されていたパスワードを入力することで、視聴およびダウンロードができるようになります。応募は2015年3月25日まで。対応しているのは、iOS7.0とAndroid4.0以上とのことなので注意が必要です。
『週刊Dモーニング』のお料金は月額500円(税込)ですが、『モーニング』の半額以下で連載作品だけでなく、オリジナルや過去の連載も読めるので、マンガ好きならばチェックしておきたいところ。ちなみに、2015年3月4日23:59までは、アプリをダウンロードすると『昭和元禄落語心中』第一週掲載分が無料で閲覧可能となっています。

『週刊Dモーニング』
http://app.morningmanga.jp/app/ [リンク]

『昭和元禄落語心中』(ITAN 講談社コミックプラス)
http://itan.jp/contents/list0005.html [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。