ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高校野球トリビア 「私立の代表」一度も出場ない徳島県など

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高校野球には様々なドラマがある。週刊ポスト増刊『プロ野球&甲子園 甦る伝説』では、地方予選でこれまで起こった「大番狂わせ」を47都道府県で徹底網羅、特集した。高校野球史に詳しい森岡浩氏が、神奈川、静岡、徳島のマル秘情報を解説する。

●「初出場」が少ない神奈川
 一時200を超える学校が予選に参加していた神奈川県は、横浜、東海大相模、桐蔭学園など強豪校が揃っていることもあり、参加校数の割に初出場校がなかなか登場しない。2009年に初出場した横浜隼人は、2001年春の桐光学園以来8年ぶりの初出場。

 夏に限れば、1998年の平塚学園以来11年ぶりだった。平成以降は春夏通じて横浜商大、日大藤沢を加えた5校しか初出場していない。

●連続出場の少ない激戦区・静岡
 静岡県は飛び抜けた強豪校がなく、毎年色々な学校が甲子園に出場してくる。1968年、1969年に静岡商が出場して以降、2007年、2008年の常葉菊川まで夏の大会に連続出場した学校はなかった。3年連続は戦後1校もない。

●「私立の代表」が一度もない徳島
 徳島県では、春夏通じてまだ一度も私立高校が甲子園に出場したことがない。そもそも徳島県では野球部のある私立高校が生光学園1校しかない。県内では強豪として知られ、夏の県大会決勝にも2回進んでいるが、あと一歩の壁が破れない。

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
地方名門進学校の甲子園出場 政財界トップも巻き込んだ騒ぎに
夏の甲子園 大会通算勝率1位県は優勝5回の松山商擁す愛媛県
「J-POP過ぎる」至学館の校歌 作詞作曲は中日新聞論説委員

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP