ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

時計じかけの“ドレンジ”!! 英新鋭ロック・デュオがアークティック・モンキーズのプロデューサーを迎えた新曲MVを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 英ダービシャー・キャッスルトンを拠点に活動する、オーエン&ロリー・ラヴレス兄弟によるロックンロール・デュオ、ドレンジが4月にリリースするアルバムから新曲「We Can Do What We Want」のMVを公開した。

 ドレンジは2013年の『ドレンジ』でアルバム・デビュー。アルバム発売後、アークティック・モンキーズの前座をつとめるなど“ロック復権”の機運が高まる英国を中心に注目を集める二人組だ。

 『ドレンジ』以来、約1年半振りとなる2ndアルバム『アンダートウ』は4月にリリース予定。前述したアークティック・モンキーズの『AM』などをプロデュースしたロス・オートンがプロデューサーをつとめていることも話題を呼んでいる。

 今回公開された「We Can Do What We Want」のMVにはドレンジのメンバーもカメオ出演。映画『時計じかけのオレンジ』を思わせるギャングが登場し、楽曲タイトル通り暴れ放題に振る舞う、刺激的な映像に仕上がっている。

◎「We Can Do What We Want」MV
http://youtu.be/nsqy-z8HQ-o

◎リリース情報
『アンダートウ(Undertow)』
2015/04/29 RELEASE
HSE-30350 2,100円(tax out.)
Infectious / Hostess
※日本盤には歌詞対訳、ライナーノーツ付 予定

<トラックリスト>
01. Introduction
02. Running Wild
03. Never Awake
04. We Can Do What We Want
05. Favourite Son
06. The Snake
07. Side By Side
08. The Woods
09. Undertow
10. Standing In The Cold
11. Have You Forgotten My Name?

◎iTunes
http://bit.ly/1FWQXGx

関連記事リンク(外部サイト)

ノエル・ギャラガーが【Q&Aセッション】を開催決定!生ノエルに会えるチャンス
【FUJI ROCK FESTIVAL ’15】ヘッドラインにフー・ファイターズ/ミューズ/そしてライアン・アダムスが出演決定
ブラーが12年ぶりの新作アルバムを4月リリース 先行曲「ゴー・アウト」のリリックMVも公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP