ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 5.1(Lollipop)では通知モードの終了時刻にダウンタイムまたはアラーム時刻が選択可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 5.1(Lollipop)の新機能に関する追加情報です。今回はボリューム調節タブで通知モードを切り替えて放置していた場合でも、ちゃんとアラームが鳴るようにできる機能変更が行われました。Android 5.0 では、ボリューム調節タブで「なし」または「重要」を選択すると、その下に「制限なし」と「1 時間(時間は変更可能)」しか表示されませんが、Android 5.1 では事前に設定したダウンタイム(非通知の時間)と次のアラーム時刻が選択可能になりました。今回の変更によって、通知モードを「なし」または「重要」にした場合でも、ダウンタイムまたはアラームの終了時刻に自動的に解除され、アラームも鳴る「すべて」に切り替わるようになります。これで、「なし」を選択してままだったので、翌朝アラームが鳴らなかった…、という問題を解消できそうです。Source : Android Police


(juggly.cn)記事関連リンク
U-NEXT、Chromecastで動画を視聴すると2,100円分のポイントなどをプレゼントするキャンペーンを開始
Samsungの次期フラッグシップは「Galaxy S6」と「Galaxy S6 Edge」で確定、AT&Tの公式サイトに情報が掲載
ビッグローブ、音声通話も可能なAndroid ウェアラブルデバイス「cocolis」をMWC 2015で展示

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP