ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

EXILE、3年ぶりのアルバム「19 ‐Road to AMAIZNG WORLD-」全貌公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月25日に発売されるEXILEのニューアルバム「19 ‐Road to AMAIZNG WORLD-」の全貌が明らかとなった。

2012年1月にリリースされた前作「EXILE JAPAN」から、約3年間の制作期間を経てリリースされる今作は、EXILEの長い歴史の中でも、EXILE HIROのパフォーマー勇退を境にした第三章から、5名の新メンバーを加入し、19名と新たなEXILEとして変貌を遂げた第四章へ進む、EXILEの3年間の歴史にフォーカスを当てた作品となっており、新時代を突き進まんとするEXILEの進化をまざまざと感じさせる、まさにEXILEの歴史の架け橋とも言える1枚に仕上がっている。

本作のタイトル「19 ‐Road to AMAIZNG WORLD-」には、2014年4月に行われた「EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」を経て、5名の新メンバーを迎え入れた、現在のEXILEの総メンバー数である「19」を起用。

第三章の14名から19名へと変貌を遂げた新生EXILEの姿だけでなく、EXILEを構成する19名の結束、さらには19名それぞれの個性と力を発揮し、さらなる進化を求めて挑戦し続ける男達の決意、第四章を歩むEXILEの象徴としても「19」という数字をフィーチャーしている。

さらに、サブタイトルにある「Road to AMAIZING WORLD」には、2015年秋からスタートされるEXILEのドームツアー「AMAZING WORLD」への繋がりを意味するとともに、彼らのパフォーマンスを見聞きした方を驚嘆させるような、新生EXILEだからこそ創造することのできる、新たなエンタテインメントの世界をも示唆しているという。

そんな本作は、EXILE HIROがパフォーマーを勇退するまでの2012年~2013年の第三章の作品から、2014年から現在に至るまでの第四章を歩む新生EXILEの作品すべて14曲を完全網羅。さらに曲順もリリース時系列で構成されており、まさにEXILEの進化とその歴史がこの一枚でわかると言っても過言ではない。

また、本作の2CD+2DVD/Blu-ray豪華盤には、「EXILE REMIX DISC」と題し、イギリスの人気クラブ/DJ雑誌“DJ MAG TOP100”にて、2013年7位、2014年8位と世界のTOP10にランクインされた世界若手トップDJ Nicky Romeo他、世界のトップDJ陣によるEXILEのニューリミックス全6曲を収録。

これまで世界最先端のカルチャーであるEDMを日本流、EXILEスタイルにアレンジし、リリースしてきたEXILEの楽曲を、世界最高峰のDJによってリミックスさせることにより、EXILEサウンドの留まることを知らない、新たな可能性を感じさせることだろう。

さらに、豪華盤に収録されるDVDには、EXILEオリジナルアルバム史上初となる、収録楽曲全14曲のミュージックビデオをすべて収録。

CDの音源だけでも十分EXILEの歴史を体感できるが、映像で観ることにより更にEXILEの第三章~第四章へ進化の歴史を楽しめる内容となっている。

そして、豪華盤に収録される、もう1枚のDVDには、「EXILE Document 2012-2014」と題し、EXILE HIROのパフォーマー勇退への過程を始め、「EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」での新メンバー選考、そして第四章の開幕の裏側に密着。これまで明かされてこなかった彼らの歩みとその裏の舞台を包み隠さず描いた74分もの長編ドキュメントが収録されている。

普段なかなか見ることの出来ない、彼らの素顔に迫るドキュメント映像には、EXILEのメンバー19名一人一人が第四章への想いとこれからの展望を語っており、その姿に誰もが新たな時代を迎えるEXILEへの期待を高まらせること間違いないだろう。

そんなEXILEの長い歴史を刻む貴重なピースとなり得る1枚、ニューアルバム「19 -Road to AMAIZNG WORLD-」は、現在予約販売も行っている。

2月28日までに予約購入した人限定で豪華特典もプレゼントされる。詳細は、EXILEオフィシャルサイト及びEXILEモバイルまで。

関連リンク

EXILE Official Sitehttp://exile.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP