ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マイクロUSBケーブルで充電できる充電式電池LIGHTORS、500回使える!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LIGHTORSリモコンや時計、懐中電灯、おもちゃなど、私たちの身の回りには乾電池で作動するものがたくさんある。最近では、使い捨ての電池ではなく、エコで経済性の高い充電式のものを使っている人も多いだろう。

その充電式電池、従来のものより使い勝手がよくなったタイプが資金調達サイトKickstarterに登場した。マイクロUSBケーブルで充電して繰り返し使える「LIGHTORS」だ。

・専用充電器は不要

LIGHTORSの売りは、何と言っても専用の充電器が不要なこと。LIGHTORSにマイクロUSBポートがあり、スマートフォンなどの充電ケーブルを使ってPCなどから充電できる。

最近では、スマホ充電用にマイクロUSBケーブルを身近に置いている人は多く、LIGHTORSの電池残量が少なくなってもそのケーブルを使ってすぐに充電できる。充電器を不要とする分、初期投資も抑えられる。

LIGHTORS2・単三と単四の2タイプ

LIGHTORSは単三(1500ミリアンペア)と単四(600ミリアンペア)の2タイプ。普通の乾電池と同じように使用でき、どちらも約500回使えるとのこと。

気になる値段はというと、現在Kickstarterで展開中のキャンペーンでは、単三電池2本とマイクロUSBケーブルのセット、単四電池2本とマイクロUSBケーブルのセットがそれぞれ8ドルで入手できる。

お財布にも環境にも優しいこの電池、多くの需要をつかんでいて、キャンペーン初日に目標額1万5000ドルを達成し、商品化は確実となった。キャンペーンは3月15日まで。日本にも発送してくれるので、興味のある人はお早めに。

LIGHTORS/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。