ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

楽天スーパーポイントも付与!ARROWS M01販売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2月24日、楽天モバイルは、SIMフリースマホと格安SIMがセットになった新端末を3月20日より販売開始することを発表しました。そのSIMフリースマホとは、昨年11月に登場したARROWS M01で、価格は39,657円です。
楽天モバイルとは、楽天グループの通信会社であるフュージョン・コミュニケーションズが、ドコモの通信回線網を利用して提供するMVNO。渋谷の「楽天カフェ」内に専用のSIMカウンターを備え、まだまだリアル店舗の少ないMVNO業界において、新規・MNPの即日開通ができる貴重な店舗の1つです。

そんな楽天モバイルから提供されるのは、SIMフリースマホではまだまだ数の少ない防水(IPX5/8)・防塵(IP5X)機能付の富士通製の端末。主なスペックは以下の通りです。

OS Android 4.4 サイズ 約138×67×10.9mm
CPU 1.2GHzクアッドコア 質量 約153g
ディスプレイ 4.5インチ有機EL カラー White / Black
RAM/ROM 1GB / 8GB 防水、防塵 IPX5/8、IP5X
カメラ アウト:800万画素
イン:130万画素 LTEバンド
3Gバンド Band:1,3,19,21
Band:1,19
バッテリー容量 2,500mAh Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n

注目のポイント対応するLTEバンド。2015年からの導入が予定されているBand28を除くドコモ提供のLTE周波数帯が全て利用できます。SIMフリー端末が増えてきたとはいえ、ドコモが提供するLTE周波数帯に全てに対応しているメーカーはほぼありません。

これは、ドコモに数多くの富士通だからこそ成し得たポイントですね。また、防水・防塵にもしっかり対応しており「待っていました!」と諸手を上げて喜ぶ方も多いのではないでしょうか!?

本製品は割賦払い対象外商品で一括払いのみとなっていますが、セット販売特典して、楽天スーパーポイントが2,000ポイント付与されます。これは楽天グループならではのメリットですね!

また、楽天カフェにて近日中に展示の開始を予定しているとのこと。

「楽天モバイル データSIM」始動!業界最安水準のデータ専用プランを提供

実は楽天モバイルが開始される以前より、楽天にはフュージョン・コミュニケーションズが提供する「楽天ブロードバンド」という名称のデータSIM専用サービスがあります。しかし、今回、楽天ブロードバンドのSIMサービスの新規受付を終了し、それに代わって新たに「楽天モバイル データSIM」というサービスを開始。私たちユーザーにとって、これまでよりも分かりやすいサービス体系で提供されるとのことです。

「楽天モバイル データSIM」プラン詳細

プラン名ベーシック2.1GB パック4GB パック7GB パック
月額料金 567円 972円 1,566円 2,440円
SMS付月額料金 696円 1,101円 1,695円 2,570円
パッケージ代 3,240円
通信速度 最大200kbps 下り最大150Mbps/上り最大50Mbps
高速データ通信
容量 なし 2.1GB 4GB 7GB
SIMカード枚数 1枚(標準 SIM/マイクロ SIM/nano SIMから選択)
オプション 追加容量パック 324円/100MB(有効期限は購入翌月から3ヵ月)

こちらのプランは3月16日より提供開始予定。それに先立ち、2月24日11:00から3月16日9:59まで、「楽天モバイル データSIM 予約購入キャンペーン」を開催中です。期間内に予約すれば特典して楽天スーパーポイントが500ポイント付与されるので、楽天市場をよく利用していている方はデータ専用プランの導入を検討するきっかけになるのではないでしょうか。

楽天モバイルの今後の予定は?

今年春に楽天本社のある二子玉川店と楽天イーグルスの本拠地・仙台に店舗をオープンするそう。どんな店舗展開を考えているか?という記者からの質問に対し、副社長執行役員・平井康文氏は「ユーザとのタッチポイントを増やすべく、渋谷の楽天カフェのようなフルサービス以外にSIMと端末との家電量販店連携は十分にありうる」と明言。楽天らしい店舗展開をすべく、新しいアイデアを検討している最中といいます。

5月にSIMロック解除が行われることを見越してか、年末以上にMVNOのリリースが相次いでいます。SIM通ではMVNO各社の比較記事等も強化していきたいと思います。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP