ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冬の思い出に…♪ “こたつテラス”で女子会はいかが?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日中は暖かな光が注ぐ日も多くなりましたが、夜はまだまだ寒い日が続きますね。「春はすぐそこ!」と思いながらも、こたつが目の前にあったら、あったかいんだから~♪ともぐりこんでみたくなるはずです。

今日は、そんな“こたつLOVER”にピッタリの、こんなお店をご紹介します♪

東京・赤坂の一ツ木通り沿いにあるオシャレなダイニングバー「senang(セナン)」では、なんとテラス席にこたつを用意した「こたつテラス席」を設置中なんだとか。

お店がオープンしたのは、およそ2年前の2012年4月。店内には大きな一枚板のテーブルが置かれ、内装はまるでバリ島のリゾートホテルのよう。また、お店には赤坂の街並みを見渡すことができるテラス席があり、開放感があってとても心地よいことから、このテラス席目当てのお客さんも多かったそう。そんな素敵なテラス席を「冬場もお客さんに楽しんでもらいたい……」。そんな思いから、誕生したのがこのこたつテラス席なんです。

「でも、やっぱり外だし、ちょっと寒いのでは……?」と思う人も少なくないかもしれませんが、心配ご無用。お店ではこのこたつ席を設置するに合わせて、ハンテンの貸し出しと、おなかの中から温まることができる「ブイヤベース鍋のコース」(5,000円/1人前)を用意しています。

お鍋には5~6種類の魚のあらを3日ほど煮込んでつくったスープに、ホタテや手長エビ、旬の魚を入れて提供。スープを飲むだけでほっこりぽかぽか温まることができますし、最後にはシメのパスタまで出てきて、おなかも心も大満足♪

そのほかにも、一度食べたらハマること間違いなしの「きのこ香る茶わん蒸し」(972円)、「カモのロティ」(3,024円)など、フレンチをベースとした創作料理や、「土鍋海南チキンライス」(2,160円)、「ミーゴレン」(1,512円)といったアジアン料理・バリ料理も用意しています。女子会に欠かせないワインにもこだわっていて、フランス産のワインを取り扱う「ハスミワイン」のワインも多数取りそろえていますよ。

今年最後の冬の思い出に、赤坂の夜景を楽しみながらこたつテラスで女子会、なんていかがでしょう?

senang
東京都港区赤坂3-15-9 ACRビル 7F
http://www.senang.asia/
営業時間は月曜~金曜の18時~24時。土曜は予約制。日・祝日定休。
コースは来店の2~3日前までに要予約。店内でも提供する。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP