ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【バカルディ×映画】キューバの世界観を、南青山のCOMMUNE246で思う存分味わおう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界No.1ラム、バカルディが映画「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」(2月28日(土)より公開)とタイアップ。映画の世界観が味わえる「キューバサンドイッチ」と「バカルディ モヒート」「バカルディ キューバリブレ」のセットメニュー(1500円)を「AntennaWIRED CAFE」(COMMUNE246内)にて2月27日(金)~3月19日(木)の期間限定で提供する。

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」は、「アイアンマン」シリーズの監督、ジョン・ファヴローが監督・製作・脚本・主演を務めた話題作。一流レストランの総料理長だった男がオーナーとの対立を機にフードトラックでキューバサンドイッチの移動販売を始め、新たな人生を歩むという人間の成長の物語。先日の第27回 東京国際映画祭で特別招待作品として上映され、公開に先立ち話題となっている。

初日となる2月27日(金)は、キューバテイストのパーティ「VIVA LIBRE!!!」(1ドリンク付入場料2000円/19時~22時)を開催。タイアップメニューはもちろん、バンド演奏やサルサダンス、ライブペインティングなど、映画の世界観を思う存分楽しむことができる。

パーティは事前予約不要なので、気が向いたらぜひ訪れてみよう。ただ、先着50名限定で「1ドリンク付き入場料+映画前売り券」が1500円で提供されるというから、間に合うならオープンタイムに駆けつけるのがおすすめだ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP