ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これぞ未来型ウェアラブル!皮膚内に埋め込む電子タトゥー「Underskin」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

このところすっかり定着した“ウェアラブルデバイス”というワード。ウェアラブルと聞くと、時計型やリストバンド型を思い起こすかもしれない。しかし今やウェアラブルと一言でいっても、非常に多種多様な形状、用途のものが開発され、しのぎを削っている。

皮膚に埋め込む、電子タトゥー型ウェアラブル

NewDealDesignは、かの有名なFitbitを企画したデザインコンサルタント会社。同社では今、新たな未来型ウェアラブルの開発に取り組んでいるという。それが“電子タトゥー”である。これは皮膚の下に埋め込むタイプのウェアラブルデバイスで、Jaeha Yoo氏らのチームが開発に取り組んでいる。

NFCを活用したアクションのほか多彩な機能に

「Underskin」と呼ばれるプロジェクトで、手に電子タトゥーを埋め込み、触ったものに対して反応を起こし、アクションがおこなえるというもの。例えば、NFCシグナルを送信して、ハンドルに触れることで目の前のドアのロックを解除したり、相手と手を握ることでデータの受け渡しをしたり、低血糖状態だと通知したり……まさにいろいろな用途が考えられるツールだという。

他にも、クレジットカードが手の中にあるときだけ、カードの機能が動作する、といったようなことも考えられる。さらに「Underskin」は、ユーザーの現在位置と身体の動きを検知する機能があり、単に情報を追跡するだけでなくて、おこなったジェスチャーを認識するようなことも可能だという。

生体データをリアルタイムで取得

また、人体の生体データを取得するのにピッタリな皮膚という場所にあるため、随時リアルタイムでデータを計測、集計し、病気や体調、活動状態を把握、管理するのにも有用だろう。

情報のやり取りや認証をおこなう機能、その人のニーズに合わせて、時や場所に応じた提案ができる機能、正確な生体データを集積する機能としてのほか、ファッションや自己表現のツールとしても活躍するかもしれない。これまでのウェアラブルデバイスと違って目立たないし、着用してる感がなく、ファッションを選ばないのはメリットだろう。

まさに、未来型のウェアラブルデバイス「Underskin」。開発チームでは5年以内に実用化したい意向だという。完成が楽しみである。

NewDealDesign

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP