ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、下り最大225MbpsのLTE-Advancedサービスを3月27日より「Premium 4G」として提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモが LTE-Advanced を利用した LTE 通信サービスを 3 月 22 日より「Premium 4G」という独自のブランドの下で提供すると発表しました。予定ギリギリですね。LTE-Advanced は現行の LTE(Xi)の発展させた通信規格で真の 4G サービスになります、LTE より高速・大容量の通信が可能で、NT ドコモは開始当初にはキャリアアグリゲーション技術(CA)を用いることで、下り速度を最大 225Mbps で提供します。おそらく、10MHz + 20MHz の 2 波でキャリアアグリーゲーションを行い、この速度を実現しているのでしょう。開始時点の対応機種はモバイル Wi-Fi ルーター 2 機種(HW-02G と L-02G)のみ。同社は 2015 年度早々にもキャリアアグリゲーション対応スマートフォンを投入するとも述べています。エリア展開については、まずは全国の 22 都道府県の都市部で始まり、2015 年度に全国へと順次拡大。2015 年末には下り最大 300Mbps に増速する方針を示しています。エリアの詳細は下記のリンク先で確認できます。個人的に、ブランド名は「FOMA」→「FOMA ハイスピード」のように「Xi」→「Xi ハイスピード」を予想していたのですが、全く違うネーミングに少し驚いています。3.9G から 4G に世代が上がったから?Source : NTTドコモ


(juggly.cn)記事関連リンク
米Verizon、「BlackBerry Classic」を2月26日に発売
HTC One M9のポスター画像が流出、QualcommがSnapdragon 810の搭載を認める
Dell、Android 5.0を搭載した「Venue 10」を国内発売、LTEモデルもあり

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP