ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年世界で最もレコードが売れたアーティストベスト10、1位はテイラー・スウィフト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2014年世界で最もレコードが売れたアーティストベスト10、1位はテイラー・スウィフト

IFPI(国際レコード産業連盟)が2014年に世界で最もレコードが売れたアーティストを発表した。IFPIは世界66ヶ国1400団体が加盟するレコード業界の主要な機関。日本からは日本レコード協会が加盟している。音楽業界誌ビルボードが伝えた。

1位) テイラー・スウィフト

2位) ワン・ダイレクション

3位) エド・シーラン

4位) コールドプレイ

5位) AC/DC

6位) マイケル・ジャクソン

7位) ピンク・フロイド

8位) サム・スミス

9位) ケイティ・ペリー

10位) ビヨンセ

カントリー・ミュージックを捨てたテイラー・スウィフトが1位になった。このランキングは単にアルバム(ストリーミングも含む)が売れただけではなく、シングル売り上げや音楽ビデオの視聴回数も加味されるという。ちなみにテイラー・スウィフトのアルバム「1989」は全世界で800万枚の売り上げだった。

昨年はワン・ダイレクションが1位だった。エド・シーランはイギリスを含むヨーロッパが強い。結成40余年で現役のAC/DC。死して名を残すどころか、相変わらずセールスが固いマイケル・ジャクソン。イギリスで強い。女性歌姫系ではケイティ・ペリーがトップだ。レディー・ガガはレコードが売れないと、このランキング入りは無理だ。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。