体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ミリタリー魂】第56戦 屋内サバゲーフィールドASOBIBA秋葉原店に突撃

ミリタリーな話題をマニア目線でお届けしている、鉄砲蔵の「ミリタリー魂」。
最近ASOBIBAばっかり扱い、密着取材状態です。

【関連:第55戦 Webエンタメ業界限定の新年サバゲー大会に突撃!ドワンゴサバゲ部も来てたよ!】

ベルサール秋葉原とUDX

ベルサール秋葉原とUDX

僕のスマートフォンには関東地方周辺のサバゲー場のホームページが登録してあり、それぞれ確認して回ってみたところ、またまたASOBIBAがやってくれました。今度はオタク文化の街、秋葉原にて新フィールド設立!

僕は休日の暇な時、よく京浜東北線で秋葉原に行き、エアガンショップで銃の修理部品やらサバゲーの時に着る装備品など、よく買い物したりメイドカフェで食事しながらメイドさんとおしゃべりしたりしていました。今度はそんな普段の散策路でサバイバルゲームフィールドがオープンしたというわけです。

きっと僕だけじゃなく多くのエアガンファンにとってありがたいフィールドとなるでしょう。と、言うことで取材に行ってきました。

入り口

入り口

行ってみるとそこはAKIBAドラッグ&カフェのピンク色の看板が目立つ建物の二階。左側の非常階段から上ります。
AKIBAドラッグ&カフェの前に立って電気街通りに向かうと右手に街路樹のような植え込みがありますが、そこがベルサール秋葉原、インベーダーの赤い看板がゲームセンターのタイトーステーション、その向こうに見えるガラス張りのビルが秋葉原UDXです。こうしてみると秋葉原でも多くのイベントが開催される建物の近所であることがわかります。

このフィールドの条件としては

・フィールドのサイズは40m×15m
・駐車場は、サバゲー場として用意はしていないので付近の有料駐車場を探してもらうしかありませんが、ここはJR秋葉原駅から徒歩4分、都営銀座線末広町駅から徒歩5分なので、なるべく電車利用をお勧めです。
・昼食はサバゲー場として手配しないものの、徒歩一分程度の周辺に多数の飲食店があるため、その必要はないでしょう。拳銃やライフル等の武器類を外し、迷彩服を上着で覆うなど周辺に配慮した上で使用しましょう。
・トイレは、元々オフィスビルのワンフロアー丸ごと借り切ってゲーム場としているため、キレイに清掃された共同トイレがあります。

トイレ入り口

トイレ入り口

セーフティー

セーフティー

着替えや銃の準備などをするセーフティーは定員60名。その右奥、ベニヤ板で約1m四方の部屋が5つ、約2m四方の大きめの部屋が一つ作られていますが、そこが更衣室となります。必ず男性もここで着替えろ、というわけではありませんが、公衆の面前で着替えたくない方は男女ともに使用は可能とのこと。一番右の広い小部屋は女性優先となるそうです。

販売コーナー

販売コーナー

試射場
1 2 3次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy