ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スーパーのシニア向けサービス 全世代のニーズに合い、大好評

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高齢化によって、スーパーマーケットのシニア向けサービスが次々に登場し、“憩いの場”となっている。カゴが軽い、カートが軽くて押しやすいといったハード面だけでなく、シニアの心をわし掴みにし、多くの人に喜ばれているという。

「スーパーマーケットのシニア向けサービスは、高齢化に伴って、1990年代終わり頃から少しずつ始まりました。高齢者の人口が増えていることに加え、現在のシニア層は年金をもらってゆとりのある世代。年金支給日の後に、売り上げが伸びるというデータもあり、店にとっても重要なお客様なのです」

 と、ショッピングアドバイザーの今野保さんは分析する。

 そんななか、大手チェーンのイオンが2013年にスタートしたのが、『グランドジェネレーションズモール』(以下、G.Gモール)という新たな店舗展開。グランドジェネレーションとは、子育てにひと段落し、そろそろ定年後の姿が見えてきた55才以上をさす。

「従来の高齢者という考えから脱却し、体力的にも金銭的にも余裕があるアクティブな世代のお客様に、満足いただけるサービスを追求したのが、G.Gモールです」(イオンコーポーレート・コミュニケーション部、以下、イオンCC部担当者)

「おいしいものを少量ずつ食べたい」というニーズに応え、総菜の少量パックを扱うのはもちろんのこと、お刺身も一切れから販売している。

「これまでのスーパーは、目的買いをするかたが主流でしたが、『G.Gモール』はカフェやカルチャーセンター、イベントステージなどを設置し、長時間滞在して楽しめるようなサービスも充実させています」(イオンCC部担当者)

 単に商品を売るだけでなく、楽しさを提供する場にスーパーはシフトしつつある。そんな取り組みを10年程前から行っているのが、ダイシン百貨店だ。

「モノを売るだけでなく、お客様と深いコミュニケーションがとれる“コト”を提供できるよう心がけています」

 と、ダイシン百貨店会長兼CEOの西山敷さんは話す。

 具体的には、2008年から夏祭りやダンスパーティーなど数多くのイベントを開催し、地元住民や家族のコミュニケーション機能の中心となっている。今では夏祭りは2日間で2万人以上の人が訪れる、地域の名物行事だ。

「『電気、水道、ガス、ダイシン』というキャッチフレーズのもと、ペットボトル1本から無料で即日配達したり、65才以上の高齢者向けに出前弁当を500円で提供したり、配達時には安否確認なども行っています」(西山さん)

 こうした地元密着型のサービスが充実しているだけあって、顔なじみの従業員と客が多く、店内では、親しそうに話をする彼らの姿が多く見受けられた。

 こうしたサービスを充実させた結果、実はシニア以外の集客にも繋がっているという。

「お孫さんを連れて遊びにくる、おばあちゃんやおじいちゃんも多いですね」(西山さん)
「『G.Gモール』は、単身のビジネスパーソンや学生にも、必要な分だけ買えると好評で、シニアにやさしい店はみんなにやさしい店なんですよ」(イオンCC部担当者)

 もともとはシニア向けに始まったものだが、客の立場に立ったサービスは、多くの人のニーズに合い、今や全世代の心に響いている。今後もこうしたサービスの需要は増えていくに違いない。

※女性セブン2015年3月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
イオンモールで「シニア街コン」 独身者限定で年齢制限あり
小山薫堂 アクティブシニア層の新呼称は「グランド・ジェネレーション」
ラブホテルの「シニア割引」 利用者が少ない理由が明らかに

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP