ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

事故続発の韓国・第2ロッテワールド 扉はドイツ関連と説明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ハインリッヒの法則」なる言葉が最近、韓国メディアで盛んに飛び交っている。「1つの重大事故の背景に29の軽度事故と300の異常がある」という安全管理の経験則のことだ。

 トラブルが頻発し、“そのうち倒壊するのではないか”と不安視されているのが、昨年10月にソウルで一部開業した複合商業施設「第2ロッテワールド」。

 完成時(2016年)には韓国一の超高層ビル(555m)になる予定だ。いま韓国では“123階建てのセウォル号”と呼ばれ、ビルは閑古鳥が鳴いている。

 発端は開業前の2013年6月、工事現場の足場などが落下し作業員1人が死亡、5人が重軽傷を負う事故だった。続いて昨年4月には冷却水のパイプが爆発し、作業員が死亡。開業後の昨年10月には天井のインテリアが落下して職員の頭を直撃した。

 さらに、ビルの中にある水族館からは大量の水が漏れ、映画館は激しく振動したためいずれも営業停止に。低層階のフードコートの床や太い柱には多数の亀裂が走った。

 建築業者が亀裂について「昔の雰囲気を演出するため意図的に作った」と弁明したことでさらに韓国国民の不安を煽った。昨年12月にはコンサートホールの工事中に作業員が死亡する事故や、大型ドアが倒れて20代の女性が怪我を負う事故が発生した。

 さすがにロッテグループも危機感を募らせ、2月11日には運営会社、施工会社、テナントの従業員ら1300人からなる安全担当チームを発足させた。ところが、皮肉にもそれがさらに人々の不安を煽った。

「発足式で“安全”を象徴する緑色のテープでロッテワールドの周囲1.2kmを囲むパフォーマンスを行なったが、“みんなで『気』を集めてどうするのか”、“安全管理を科学ではなく迷信で解決しようとしている”といった批判が噴出した」(韓国紙記者)

“地鎮祭”の効果がなかったことはすぐに露呈する。パフォーマンスの4日後の15日、再びドアの脱落事故が発生し、来場客が負傷したのだ。

 事故を受けてビルの安全管理委員会は、「ドアの接続部分に使われたドイツ製品の溶接不足が原因」と説明。「セウォル号は日本製だった」と主張したのと同様、他人のせいにするのは韓国のお家芸だ。

 もはや客が寄りつくはずもなく、オープン当初は1日平均10万人を数えた来店客は昨年12月は7万人、今年1月は5万3000人にまで減少した。

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
セウォル号沈没事故 韓国音楽市場にもダメージ与えていた
新安全基準は制定後の新築のみ適用で危険なエレベーター放置
関空にロッテの免税店 第一ターミナル売り場面積の7分の1

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。