ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei、4.5G LTE-Mに対応したウェアラブルデバイス「4.5G Smartband」をMWC 2015で披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huawei が 第 4.5 世代(4.5G)の携帯通信方式の対応した初のウェアラブルデバイスとして「4.5G Smartband」を MWC 2015 で披露する計画を火曜日にロンドンで行われたイベントで明らかにしたそうです。The Inquirer が報じました。4.5G は 10 ミリ秒以下の遅延、6Gbps のピークスループット、1 キロ平方メートルあたり 10 万コネクションをサポートする携帯通信方式の総称です。Huawei はこの 4.5G の通信規格として、下り最大 1Gbps のスループットや 4G と比較して 100 倍のコネクションを実現した「LTE-M」を今回の 4.5G Smartband に導入しました。4.5G Smartband の詳細は公表されなかったそうなのですが、1.4 インチの OLED ディスプレイを搭載しており、フィットネスレベルや心拍数の計測が可能で、Bluetooth や防水・防塵にも対応しているそうです。Source : The Inquirer


(juggly.cn)記事関連リンク
LG、LG G Flex 2を3月よりグローバル展開
OnePlus OneへのAndroid 5.0(OxygenOSとCyanogenMod 12S)は3月をメドに配信予定
Sony Mobile、「Xperia Z4 Tablet」のデザインを一部公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP