ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小林カツ代さんが語る料理の”必勝アイテム”とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ささっと手軽に作れて、なおかつ美味しい。そんな料理の作り方やコツは誰しもが知りたいところ。

 そんなとき、ぜひ参考にしたいのが『小林カツ代のお料理入門』。2013年に他界した料理研究家・小林カツ代さんによる『実践 料理のへそ! 』(03年11月刊行)に、新たに料理写真とレシピが加わり、再構成された1冊です。

「1個20円の卵がいかにうなってしまうほどの味をつくり出せるか、そんな味のカギを握るところにポイントを置いて」いるという本書では、オムライス、玉子焼き、魚料理に肉料理と、様々な料理を作るうえでのそれぞれのポイントが、小林カツ代さんのユーモア溢れる文章と、写真、レシピによってわかりやすく紹介されていきます。

 また本書は、料理初心者にも最適。いざ料理を作ろうとしたとき、揃えておきたい調味料や道具についても詳しく教えてくれます。

 小林カツ代さんが、何がなんでもなくてはならない調味料としてあげるのは、塩、砂糖、醤油、薄口醤油、みりん、日本酒、サラダ油、米酢、胡椒、片栗粉。さらに辛子、七味唐辛子、胡麻油、そして練り胡麻もあると便利。練り胡麻は、入れると何でも美味しくなり、そのうえ栄養もある”必勝アイテム”だといいます。そんな練り胡麻を使ったレシピには、鯛茶漬けも。

 鯛のお刺身を買ってきたならば、

「まず、刺身を薄口醤油で和えます。普通にシャッとかける。ただし、薄口醤油はしょっぱいです。普通の濃口醤油小さじ3と薄口醤油小さじ2が同じぐらいの塩辛さなので、その辺を頭においてかけます。で、ザッと混ぜる」(本書より)

 そして練り胡麻の登場。

「次に市販の練り胡麻、大さじ1よりやや少なめを入れて、混ぜる。固ければ水をごく少し加える。刺身を混ぜるときに、ひと切れずつのお姿が見えにくくなるように、練り胡麻がかぶさって欲しい。練り胡麻コーティング状態ですね。ちょっと舐めてみて、ん、ちょっと辛かったかな、がポイントです。ここでちょうどいいと美味しくありません」(本書より)

 これをご飯にそのままのせて食べてもよし、熱い煎茶をかけて食べてもまた美味しいとのこと。エッセイとしてだけでも楽しめてしまいそうな本書ですが、上記の調味料を揃えたならば、早速実践し、思わずうなってしまう味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

■関連記事

自宅で作れる老舗カフェの絶品スイーツ
極端なハズレがないワインは●千円以上のもの
カフェ通がオススメする京阪神の名喫茶店

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP