体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマートウォッチ「Pebble」の新モデル「Pebble Time」が発表、カラーePaperディスプレイやカーブデザインを採用

スマートウォッチ「Pebble」の開発元が 2 月 24 日に新モデル「Pebble Time」を正式に発表し、クラウドファンディングサイト Kickstarter で資金調達キャンペーンをスタートさせました。Pebble Time でも 従来の e-Paper ディスプレイを搭載していますが、新モデルではカラー表示に対応しており、さらにマイクが追加されて音声での通知から返信を送信したり、一部の機能を操作できるようになりました。また、ホーム画面は重要な情報を時系列に表示する「Timeline」に刷新。7 日程度のバッテリー駆動時間や防水にも対応しています。

外観は、Pebble から大きくは変化していませんが、Pebble Time ではカーブデザインを採用し、厚みも Pebble から 20% 削減。薄くなったということです。また、側面のボタンも小さくなって以前よりも目立たなくなりました。Kickstarter では 3 色の Pebble Time が販売されており、各色にはシリコン素材のラバーバンドが同梱しますが、市販の 22mm バンドと互換性もあるので、ユーザーの好きなものに変更できます。ちなみに、Pebble 社は Pebble Time のアクセサリーを 3D プリンタで制作できるよう、3D データを公開する予定です。Pebble Time の Kickstarter 価格は $159 で、2015 年 5 月に出荷が開始される見込みです。Source : Kickstarter


(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S 5の最新アップデートでサイレントモード(ミュートモード)が復活
仏Archos、Chromebook、Androidタブレット、Widows タブレット / ノートPCを現地の中高生向けに販売へ
ある携帯キャリアの幹部が「Galaxy S 6 エッジモデルはデザイン面でiPhone 6に勝る」と述べたらしい

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。