ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テレビ通がワイドショーを分析 ニュースなら『とくダネ!』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 熾烈な視聴率争いを繰り広げているのが朝のワイドショーだ。『とくダネ!』(フジテレビ系)が、『スッキリ!!』(日本テレビ系)からトップの座を奪還した一方で、苦戦を強いられていた後発の『いっぷく!』(TBS系)は3月での打ち切りが決定した。

 そこで、テレビ解説者の木村隆志さんに各局の朝のワイドショーを分析してもらった。

 * * *
■NHK総合テレビ『あさイチ』
「朝ドラ受けもいいけれど、特集の面白さは抜群。そこは、お金と時間をかけて作れるNHKならではの強みかも。MCの井ノ原快彦さん、有働由美子さん、柳澤秀夫さんの安定感ある掛け合いも見る価値あり」

■日本テレビ系『スッキリ!!』
「MCにお笑いタレントの加藤浩次さんを起用したのも斬新ですし、歌手の生ライブをやったり、“スイーツ真壁”などの名物コーナーを作ったりと、工夫が満載。個人的にイチオシです」

■テレビ朝日系『モーニングバード』
「羽鳥さん、赤江さんといえば、好感度の高いマルチプレイヤー。しゃべりがめちゃくちゃ面白い2人だけど、朝はまじめ路線。落ち着いてニュースを見たい人にはおすすめ」

■TBS系『いっぷく!』
「まだ新しい番組なので仕方ないけれど、エンタメ系にいきたいのか、ニュースもきちんとやりたいのか、個性が決められず迷走しているイメージ。これからに期待したい」

■フジテレビ系『とくダネ!』
「司会者中心のスタイルをとる正統派ワイドショー。菊川さんと梅津さん、2人の女性MCを起用して華やかにする、ボードを多用した解説スタイルにするなどの改革が功を奏し、同時間帯民放ワイドショー視聴率1位に」

 ニュースをきっちり見たい人には、正統派の『とくダネ!』がいちばん見やすい。一方、『スッキリ!!』は、主婦だけでなく若い人を取り込むため、バラエティー色が強い。3月で打ち切りが報じられた『いっぷく!』は、ニュースがやりたいのか、バラエティーに振りたいのか はっきりしない印象ですね。

 最近のワイドショーは、ニュースの多彩さ、数の多さが求められていて、コメンテーターなどのサブ出演者にも注目が集まっています。

『スッキリ!!』はMCがお笑いの加藤浩次さんとテリー伊藤さんでバラエティー色が強いから、コメンテーターはまじめな文化人や学者を、『モーニングバード!』はMC2人がアナウンサーだからコメンテーターは石原良純さんや松木安太郎さんら明るい人を起用するなど、 MCとコメンテーターの組み合わせに番組側の意図が見えます。

※女性セブン2015年3月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オウム事件 1週間に40~50時間も各局から報道されていた
芸能リポーター東海林のり子 子供が不憫と言われ悔しがった
「真麻に頼ってるようじゃ」とフジ新番組に局内から不安の声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP