ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダイエットの落とし穴? 果物の糖は実は脂肪になりやすい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ダイエットをしているとき、何を食べればいいのか迷うことも多いだろう。たとえば、コンビニでパンを購入するとき、どこを基準に選ぶべきなのか難しいところだが、成分表示を気にするべきだという。マーガリンよりバターを使ったもののほうが◎。最近、コンビニでもふすまなどを使用した『低糖質パン』が登場。食物繊維も豊富で、ダイエット中におすすめだ。

 お酒を飲むなら、糖質が多いビールより、ウイスキーや焼酎などの蒸留酒のほうがいい。特にウイスキーの香りには、脂質の代謝を高めるうれしい作用がある。とはいえ、アルコールは1gあたり7kcalもあるので、水割りやソーダ割りがおすすめだ。

 サラミは脂質が多く、100gあたり400kcal。生ハムは100gあたり250kcal程度。ツマミとして食べるなら、生ハムのほうがよさそうだ。とはいえ、生ハムもサラミも、本来は酵素やビタミンが豊富な優秀食品。『非加熱食肉製品』と表示してあるものを選ぼう。加工肉によく使われる、リン酸塩系の添加物は、エネルギー代謝に関わるミネラルを体外に排泄してしまうので、無添加のものを。

 ちなみに、ダイエットに関する知識は意外と間違っているものも多いという。例えば、「果物は太らない」というのは誤解で、実は果糖は体脂肪になりやすい。1日の適量は200gで、キウイ2個分が目安。それ以上食べると、特に夜はお菓子同様、脂肪になると思うべきだ。

※女性セブン2015年3月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
成功者が伝授 ダイエットのためのお菓子、ジムをやめるべし
山田花子が6.6kgやせた「ホットヨーグルトダイエット」
22歳雑誌モデルの産後ダイエット 10か月で26キロ落した方法

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。