ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

広澤克実氏「中日は何もかもが不安で最下位もある」と予想

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球各球団のキャンプを厳しい目で視察した評論家・広澤克実氏がセ・リーグの順位予想を行なった。予想は以下の通り。

【1】広島【2】阪神【3】巨人【4】ヤクルト【5】横浜【6】中日

「支持されようが批判されようが自身の野球観を前面に出す」をモットーとする広澤氏がセの王者に推したのは広島である。

「一昨年のCS初出場から、チームが大きく成長した。その間に丸佳浩や菊池涼介といった若手が伸び、捕手の會澤翼も1年を通じてマスクを被るなど、選手層が厚くなった。それに若手の精神的支柱になる黒田博樹の加入が大きい。だが、黒田が機能しない場合はBクラス転落もある。それでも期待を込めて1位にしました」

 2位は阪神。補強が上手くいかず顔ぶれに変化はないが、「それで優勝を逃すことに繋がるわけではない。投では最多勝のメッセンジャー、打では首位打者のマートンとタイトルホルダーが目白押し。投打において群を抜いています」と分析する。

 巨人は上位2チームに差をつけられての3位だという。

「阿部慎之助のコンバートに伴う正捕手問題がひっかかる。小林誠司をメインで使うんでしょうが、捕手はそんなすぐには育たたない。相川亮二を併用することで投手にも不安は広がる。バッテリー間の不安を攻撃面で補えるかといえば微妙です。キャンプでは阿部や村田修一に衰えが見え、坂本勇人も相変わらず一つ一つのプレーが雑に見えた。走力でかき回せるわけでもない」

 そして下位。4位に古巣・ヤクルトを置いた。

「補強したといっても上位3チームを脅かす力はない。横浜も選手と監督の信頼関係が見えず4位も難しい。中日に至っては何もかもが不安要素で最下位も十分あります」

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
意図が見えない謎の補強する巨人 理由は「不甲斐ない二軍」
広岡達朗氏 「巨人がV逸ならば阿部一塁コンバートが原因」
江本孟紀氏「阿部慎之助は一塁で打撃に専念すべき」と進言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。