ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スペイン BQ、NTSC比90%の液晶を搭載したAndroid 5.0スマートフォン「Aquaris Mシリーズ」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日、商用の Ubuntu スマートフォンを世界で最初に発売したスペインの端末メーカー BQ が Android 5.0(Lollipop)を搭載した「Aquaris M」シリーズを発表しました。Aquaris M シリーズは MWC 2015 イベントで展示される予定です。発表されたのは、4.5 インチモデルの「Aquaris M4.5」、5 インチモデルの「Aquaris M5」、5.5 インチモデルの「Aquaris M5.5」の 3 機種で、どれも Android 5.0(Lollipop)や量子ドット技術で NTSC 比 90% の高い色再現性を実現した「Quantum Color+」スクリーンを搭載するほか、LTE 通信にも対応しています。Aquaris M5 と Aquaris M5.5 は Snapdragon 615 8 コアプロセッサ、16GB / 32GB ROM、背面に 800 / 1,300 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラを搭載。Aquaris M4.5 は MediaTek MT6735 64bit クアッドコアプロセッサや 1GB RAM、8GB ROM、背面に 800 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラなどを搭載。フルスペックは公開されていませんが、どれも 2,400mAh 以上のバッテリーを搭載しているそうです。Aquaris M シリーズはデュアル SIM に対応しており、2015 年 5 月より欧州で発売される予定です。Source : BQ


(juggly.cn)記事関連リンク
ある携帯キャリアの幹部が「Galaxy S 6 エッジモデルはデザイン面ではiPhone 6に勝る」と述べたらしい
Google、インドなどで発売されたAndroid OneにAndroid 5.0アップデートを配信開始
Androidエミュレーター「DuOS」にGoogle PlayストアをはじめとしたGoogleアプリを追加する方法

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP