ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“クラス感のあるボーダー”をコンセプトに掲げる 知的でグレイスフルな『BORDERS at BALCONY』から デニムルックが超絶気になる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 春夏の新作がデリバリーされ、ディスプレイには一足先に華やかな装いが飾られる今日この頃。そろそろ、おしゃれ心も本格始動しはじめた人も多いはず。
そこで今回、トレンドキーワードでもある「デニム」から、ドメスティックブランドにて気になる新作をご紹介!

 
 2015年春夏でデビュー3シーズン目を迎える『BORDERS at BALCONY(ボーダーズ アット バルコニー)』。デザイナー柴田陽子氏の手掛ける、シンプルで知的、着心地がよくグレイスフルになれる、大人の女性のためのハイクラスなボーダー服として、今、各方面から注目を集めています。

美しいシルエットと素材にこだわり抜いて作られたアイテムをちらりとご紹介。

 ハリのあるデニムがボディラインをすっきり見せつつ、フィット&フレアのシルエットや、ラッフル使いが都会的で洗練された女性らしさを創出してくれます。またデニムシリーズは、日本のデニムメーカー•カイハラ社製の12.5オンスデニムを使用。加工にこだわった独特の色味と色落ち感が特徴だそう。

 デニムアイテムって、何となく合わせやすさを突き詰めるあまり、遊び心を欠いてしまうところがある私。ですが、BORDERS at BALCONYの新作は、目から鱗と言っても過言ではないモダンでスタイリッシュな雰囲気に心奪われてしまいました。

その他のアイテムが気になるって人はこちらをチェック!
▶︎ http://www.bordersatbalcony.com/

お問い合わせ
サードオフィス 03−5459−8753

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP