ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「私は“爆弾”」。限られた時間の中で2人が見つけたものとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全米でベストセラーとなった小説『さよならを待つふたりのために』を実写映画化した、映画『きっと、星のせいじゃない。』が公開中。

学校にも行けず、友だちもなく、酸素ボンベが手放せない末期のがん患者・ヘイゼル・グレース。あるときヘイゼルは、両親に言われて嫌々参加したガン患者の集会で、片脚を切断して骨肉腫を克服した青年・ガスと出会う。ガスは独自の感性をもったヘイゼルに恋に落ちるが、ヘイゼルは彼を傷つけまいと頑に距離を置こうとする。しかし、ガスがヘイゼルの大好きな作家にメールを送り、返信をもらったことをきっかけに、2人はオランダへ旅立つ――。

脚本を務めたのは、『(500)日のサマー』を手がけたスコット・ノイスタッター&マイケル・H・ウェバー。世界中が恋した、ピュアな2人の恋の行方とは?

きっと、星のせいじゃない。
監督:ジョシュ・ブーン
脚本:スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー
出演:シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ナット・ウルフ / ローラ・ダーン、ウィレム・デフォー
(2014年/アメリカ)
公開中
(C)2014 TWENTIETH CENTURY FOX
http://www.foxmovies-jp.com/kitto-hoshi/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。