ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

楽しい時、悲しい時、そこに音楽があった…観ておくべき珠玉の音楽映画3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

失恋したときに聴いた甘いメロディ、受験勉強で夜なべしたときにラジオから流れた流行歌、あの娘とのドライブデートのために作った自分オリジナルのCD…。
忘れがたき思い出と共にあるのが、音楽。その旋律を聴くと、おのずとあの頃の甘酸っぱい気持ちが蘇えってくる、そんなこと、ありますよね?
今回はそんな“音楽”をメインにした人間ドラマ、感動大作などをご紹介。
音楽3選 (okmusic UP's)

「ブラス!」は、イギリスの小さな炭鉱の町を舞台にした人間ドラマ。炭鉱の閉鎖騒動に揺れる町で、音楽の力を信じる炭鉱夫たちがブラスバンドを通じて“生きることの素晴らしさ”を訴えていく。

今作の背景にあるのが、南ヨークシャーにある炭鉱町に現存するブラスバンド“グライムソープ・コリアリー・バンド”の実話。劇中の演奏シーンでも、彼らの勇姿を見ることができ、もちろん、サントラにも参加。アイルランド民謡である「ダニーボーイ」やイギリス出身の作曲家エドワード・エルガーの行進曲「威風堂々」など、力強い演奏は必聴だ。

続いて、アカデミー賞で監督賞など計3部門に輝いた「戦場のピアニスト」。実在するユダヤ系ポーランド人のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの戦争時の壮絶な経験をもとに描く感動大作だ。

ドイツ軍によって虐げられたユダヤ人たち。ある日、シュピルマン一家は強制的に隔離され収容所行きとなるが、シュピルマンのみ命からがら脱出。しかし、そこからが彼にとっての本当の地獄だった…。ラストシーン近く、満足な食料もなく、生きる希望も消えかけた状態で、みごとなピアノ演奏で魅せるシュピルマンの姿が胸を熱くさせる。

また、主人公を演じたエイドリアン・ブロディの渾身の役作りも特筆すべき点で、みごとにアカデミー賞主演男優賞を受賞した。

最後は「ベルベット・ゴールドマイン」。ボブ・ディランの半生をクリスチャン・ベイル、リチャード・ギアら6人の俳優が演じ分けた「アイム・ノット・ゼア」などで知られる俊英トッド・へインズ監督が贈る友情ドラマだ。

70年代にロンドンを席巻したあるロック歌手が、栄光の頂点から地に落ち失踪を遂げるまでを、ひとりの新聞記者の視点で描く。こちらは先に紹介した2作と異なり、完全なるフィクションの映画。しかし、ジョナサン・リース=マイヤーズ演じる主人公のロッカー、ブライアンのモデルはイギリスを代表するロックスターのデビッド・ボウイとされ、ユアン・マクレガーが扮した彼と共に愛憎の日々を過ごすロックバンドのボーカリスト、カートは“ゴッドファーザー・オブ・パンク”の異名を持つイギー・ポップを髣髴とさせる。実際に70年代、親密な関係を過ごしたボウイとイギーの知られざる友情譚として見ても、非常にドラマチックだ。

音楽によって“主張”を唱え、“生きる希望”を見出し、“友情”を育んだ劇中の登場人物たち。彼らの姿を見れば、やっぱり“NO MUSIC NO LIFE”なのだと、改めて実感できる!

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
ブラス!の画像
アクション映画の流れを変えた!?「ボーン」シリーズが本当にスゴイ理由を改めて検証

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。