ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カマサミ・コングのDJをフィーチャーしたコンピが30年ぶりに復活

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カマサミ・コングのDJをフィーチャーしたシティポップス/AOR系のコンピレーションCD「PACIFIC OASIS Kamasami Kong DJ Show」が2月25日にリリースされる。

カマサミ・コングは80年代に活躍したハワイ KIKI FM局のDJ(ディスク・ジョッキー)。80年代初頭、西海岸やハワイのFM番組をDJのトークもそのままに収録した海賊盤カセットテープが輸入雑貨店や古着屋で販売され、大学生やサーファーを中心に大流行した。このブームはJ-POP界にも飛び火。1980年3月、小林克也のDJをフィーチャーした「COME ALONG/山下達郎」がカセットでリリースされる。続いて角松敏生、杉山清貴、アンルイス、1986オメガトライブらの英語DJトークが入ったミュージック・カセットが発売され、ドライブ・デート全盛のあの頃、1台に1本は必ず積まれていたカーステ必須アイテムとなった。

なかでもKIKI FM/DJのカマサミ・コングはいちばん人気で、自身の名前を冠した番組がラジオ大阪でスタートしたり、「Surf Break from Sea Breeze/角松敏生(1982)」や「COME ALONG Ⅱ/山下達郎(1984)」「DJスペシャル/杉山清貴&オメガトライブ(1984)」等でナビゲートDJを担当する等、DJミュージックカセット・ブームの中心的な存在となった。

CD「PACIFIC OASIS Kamasami Kong DJ Show」は、そんなカマサミ・コングのDJトークをフィーチャーし、80sの雰囲気をそのままパッケージしたアルバム。CDの1曲目には山下達郎の「Sparkle」の英語カバーが収録されている。日本で人気DJとなった頃、コングは自分の番組で日本のポップスを積極的に紹介。なかでも「Sparkle」はハワイでチャート・インする程知られた曲となり、ローカル・バンドのGreenwoodがカバーし1985年にリリースした。他にもコングがグループ名の名付け親となったオメガトライブや、EPO、寺尾 聰、南 佳孝、杏里といったシティポップス/AOR系の楽曲17曲がコングのナビゲーション・トークに乗せて収められいる。

現在のNON-STOP DJ MIXの元祖的な存在のこのコンピレーション、若い世代にとっては新鮮な感覚で聴けるし、バブル時代を謳歌したアラ40〜50世代にとっては車載必至の感涙アイテムだ。

カマサミ・コングは現在、大阪のFM COCOLOで月曜から木曜に放送されている「PACIFIC OASIS」でナビゲートを担当。CDのタイトルともなった同番組で、80年代と変わらない声を毎朝届けている。

リリース情報

FM COCOLO presents PACIFIC OASIS Kamasami Kong DJ Show/V.A.
2015年2月25日(水)発売
(CD)UICZ-8159 2,300円+税
収録曲
-SIDE A-
01.Greenwood/Sparkle(1985)
02.EPO/DOWN TOWN(1980)
03.寺尾 聰/ルビーの指環(1981)
04.いしだあゆみ&ティン・パン・アレイ・ファミリー/私自身(1977)
05.杉山清貴/さよならのオーシャン(1986)
06.南 佳孝/モンロー・ウォーク(1979)
07.大貫妙子/君は天然色(2009)
08.稲垣潤一/バチェラー・ガール(1985)
09.カルロス・トシキ&オメガトライブ/アクアマリンのままでいて(1988)
-SIDE B-
10.杏里/悲しみがとまらない(1983)
11.ORIGINAL LOVE/接吻 Kiss(1993)
12.高中正義/渚・モデラート(1985)
13.門あさ美/ファッシネイション(1979)
14.かららん/とびきり愉快なスイングを(2014)
15.山本達彦/LAST GOOD-BYE(1982)
16.安部恭弘/CAFE FLAMINGO(1983)
17.ジャンク・フジヤマ/あの空の向こうがわへ(2012)
With カマサミ・コングSpecial Navigation Talks

関連リンク

FM COCOLO/PACIFIC OASISオフィシャルブログhttp://cocolo.jp/service/homepage/index/1110

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP