ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たった2日で根絶やしにされた“スライム10万匹”討伐レポート 本日からヤツらが再襲来するぞ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


人々が忙しそうに行き交う新宿駅の地下街(東京メトロ丸ノ内線新宿駅のメトロプロムナード)を歩いていた筆者。何やら聞き覚えのある音楽に誘われるがまま、非常に面白い体験をしてきたのでご紹介します。

※すべての画像が表示されない場合はコチラのURLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/833614


青い壁に向かって、一様に何かをしている人たち。……近付くとすぐにその原因が分かりました。


「スライムが 10万匹 あらわれた!」

えっ!? スライム……? じゅ、10万匹?


約80メートルにわたる壁一面に登場したのは、『ドラゴンクエスト』シリーズに登場するスライムです。


スライムです。


スライムです!

しかもスライムたちは全てプチプチ(R)(気泡緩衝材)で出来ており、「力を合わせてみんなで倒そう!」とのこと。そして会場で流れていた音楽は、これまで『ドラゴンクエスト』シリーズの戦闘シーンで使われてきた歴代のBGM。その場にいるだけで、「ガンガンいこうぜ!」という気分になってきます。


2月23日(月)からスタートしているこの取り組みは、2月26日(木)より発売のPlayStation4およびPlayStation3用ソフト『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』の発売を記念したもの。

最終日までに約10万匹のスライムが全て討伐されると、スペシャルサイトにて、PC・スマートフォン・SNS用『ドラゴンクエストヒーローズ』オリジナル壁紙がプレゼントされるとアナウンスされていました。


……が! なんと公開からわずか2日で10万匹の討伐が完了してしまいました。戦闘曲による“おうえん”の効果でしょうか。

しかしご安心ください。新作ソフトの発売日である本日より、また新たに10万匹のスライムが登場するそうです。これから参加予定というみなさんのために、討伐に加勢してきた様子をもう少しだけお伝えいたします。


スライムに恨みはないですが、筆者も……。


プチッ! こ、これは気持ちイイィ! 「いじめないで! ぼく わるいスライムじゃないよ!」などと脳内で聞こえても、この快感の前では戯言でしかないのです。


中には“スライムベス”も混ざっていますが、容赦なくジャンジャンと討伐。「な……なんと スライムたちが……!? スライムたちが どんどん 合体していく!」なんてことはないので、好きなだけゆっくりと楽しめました。


さらにテンションが上がるのは、“メタルスライム”を発見した時。しかも、全然逃げません……!


メタル斬りを繰り出すまでもなく、素手で楽々と討伐。なんとなく、普通のスライムよりもたっぷりと経験値が上がった気がします。


そして、超レアキャラとして10万匹のうち1匹だけ隠れているのが、“ばくだんいわ”。新宿の地下街でも不敵な笑みを浮かべています。きっと気付かずにスルーした参加者も多いはず。ふっふっふ。


ちなみに、スペシャルサイトではすでにオリジナル壁紙のダウンロードができるようになっています。討伐に参加できなかった人でもゲットできるので、気になる方は今すぐスペシャルサイトにアクセスしましょう。

スペシャルサイトURL:
http://www.jp.playstation.com/ps4/cp/dqh/

再襲来したスライムの公開は3月1日(日)21時までとなっているので、機会があれば記念に立ち寄ってみては? 我こそは“勇者”だ、もしくは“遊び人”だという方は、(武器や防具は持たずに)丸ノ内線新宿駅のメトロプロムナードへ冒険の旅に出かけるべし! 

『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』製品概要

ジャンル:アクションRPG
対応機種:PlayStation4 / PlayStation3
発売日:2015年2月26日(木)
希望小売価格:PlayStation4版 7800円(税抜き)/PlayStation3版 6800円(税抜き)
発売元:スクウェア・エニックス
CERO:B(12才以上対象)
公式サイト:http://www.dragonquest.jp/heroes/[リンク]

※プチプチ(R)は、川上産業株式会社の登録商標です。

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。