ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Honey L Days、涙活(るいかつ)推進のラブソング・カバーアルバム発売決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

男性ボーカルデュオ Honey L Daysが今春、初のカバーアルバム(タイトル未定)をリリースする。

ハーモニーに最も定評がある彼らが今作で歌い綴るのは、1960年代~2000年代に発表され、今も翳ることのないラブソング全11曲(予定)。20代~50代の女性を中心にアンケートを実施したうえで、収録曲を選定した。

人々の笑顔や涙を見届けてきた歌詞やメロディーと密に向き合い、尊重しながら、男性ボーカルデュオならではの「ハーモニー」という彩りを添えることに徹底的にこだわる姿勢を見せた今作は、独創性が感じられるネオスタンスのカバーアルバムに仕上がっている。

昨今ブームとなっている涙活(るいかつ)の推進アイテムとして、口下手で伝えられない想いの代弁ソングとしてなど、広くリスナーに寄り添える作品になることに期待が高まる作品だ。なお、CDは3月10日より予約開始となる。

<収録予定曲> ※順不同(原曲の発売年)
このまま君だけを奪い去りたい(1993年)
最後の言い訳(1988年)
Squall(1999年)
Jupiter(2003年)
STARS(2001年)
明日がくるなら(2009年)
ANNIVERSARY(1989年)
恋のバカンス(1963年)
あずさ2号(1977年)
The Rose(1980年)
and more

関連リンク

Honey L Days オフィシャルサイトhttp://www.avexnet.or.jp/hld/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP