ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こんな手があったのか!! いろんな部位を一気に焼き上げる「ごちゃまぜ焼き」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2月10日放送の「お願い!モーニング」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午前4時)では「最強の食通が教えるスゴい焼肉」と題して、お笑いコンビ「ハライチ」の岩井勇気さん、澤部佑さん、料理人の川越達也さん、女優の岡本杏理さんが「在市(ざいち) 月島本店」(東京都中央区)を訪れた。

 同店は月島駅10番出口から徒歩5分、黒毛和牛のさまざまな部位が楽しめると人気だ。グルメ雑誌編集長・大木淳夫さんは「こんな手があったのか。焼肉は奥が深いなと思いましたね。ごちゃまぜ焼きがすごい」と推薦した。「ごちゃまぜ焼き」とは、カルビ・ミノ(胃袋)・てっちゃん(大腸)・ホソ(小腸)を、赤みそ・砂糖・唐辛子などで作った特製のたれで味付けし、真ん中が盛り上がった特製の鉄板で一気に焼き上げたもの。

 岡本さんは「ごちゃまぜ焼き」のホソを口に運んで「間違いないです、これ。大好きなやつです。最高ですね」と称賛。岩井さんはミノを食して「あーすごい。脂が乗ってるから甘い感じ」とコメント。川越さんはカルビを食べて「おいしい! いろんな部位がみそ煮込みになってるわけです。他の部位の脂を吸って、すごくジューシーなカルビなんです」とオリジナルの焼肉を堪能した。

■話題のお店に追加取材■
焼肉店が軒を連ねる焼肉激戦区・月島にある有名店。2フロアある店内にはカウンター席、半個室風の部屋から、15人まで利用できる宴会席もある。

牛肉のうまみを存分に堪能できる人気メニューは、8割の来店客が注文するという名物「飛騨牛サーロイン」(1人前大判2枚 1980円 税抜き)。契約牧場から入荷しているので、A5ランクの飛騨牛のサーロインをリーズナブルな価格で提供できる。霜降りのサーロインは、脂が甘く、濃厚でありながらも、しつこさがない。特製だれを絡めて焼き、卵をつけて食べる。

一番サシが多く、希少価値の高い「飛騨牛S級ハラミ」(1人前 1980円 税抜き)はなくなり次第終了の数量限定メニュー。厚切りでも軟らかく、ジューシーで上品なうまみが絶品だ。

こだわっているのは牛肉だけではない。お米は全て農薬を使わずに育ち契約農家から直送された富山米コシヒカリ。調理に使ったりお酒を割ったりするのをはじめ、お冷やにも飛騨の湧水を用いるなど、水にまでこだわっている。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:在市 月島本店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:月島のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:月島×和食のお店一覧
パングランプリ東京を2年連続で受賞した名物「ねりまだいこん酵母食パン」
野菜の重ね煮スイーツが楽しめるスイーツ店 一番人気は「10種のおやさいシュークリーム」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP