ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

NifMo、富士通「ARROWS M01」SIMフリースマホ発売へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NifMo、富士通「ARROWS M01」SIMフリースマホ発売へ2月23日、NifMoのCM発表会にて、兼ねてからユーザーから要望があったという国内メーカーのSIMフリースマホ取扱いとし、富士通「ARROWS M01」を3月10日から予約販売開始、今年の夏には「3つのし放題」を掲げ、通話定額等行うと発表しました。
冒頭、代表取締役社長・三竹兼司氏は「昨年11月26日NifMoの格安スマホを発表した際、単なる格安スマホではないと申し上げた。値段はもちろん、品質、サービス、サポートすべてにおいて妥協を許さない。Niftyは『次世代ローコストスマホ』としてサービスを充実させていきたい」と高らかに宣言し、直近3ヶ月の状況を開示。

NifMo、富士通「ARROWS M01」SIMフリースマホ発売へ

日経トレンディ3月号「格安スマホVS大手キャリア特集」によると、MVNO 16社比較で通信スピード総合ランキング1位を獲得。「NifMoバリュープログラム」で割引還元をスタートした結果、ひとりあたりの平均割引額400円(期間2015年1月、NifMoバリュープログラム利用者)となり、基本料金(2GB)月額900円—割引還元額400円=500円ワンコインで使えることから、品質に妥協なく、もっとお得に使えることを強調。

NifMo、富士通「ARROWS M01」SIMフリースマホ発売へ

続いて、ネットワークサービス事業部長・三浦信治氏が登壇。ARROWS M01と3つのし放題についての説明がなされました。
「ARROWS M01」は4.5インチ有機ELディスプレイで、国内メーカーならではの防水・防塵を備え、カンタン操作の「シンプルホーム」とスーパーはっきりボイス4を搭載。OSはAndroid 4.4。こちらが1,701円×24ヶ月(税込み)で使えるとのこと。

NifMo、富士通「ARROWS M01」SIMフリースマホ発売へ

そして、「3つのし放題」として、「電話かけ放題」「印刷し放題」「食べ放題」を発表。MVNOはデータ通信をぎりぎりまで抑えているため、通話料30秒/20円(国内通話)と、どうしても従量制をとらざるを得ないのが一般的ですが、niftyは定額通話「NifMoでんわ」を投入。一般・携帯電話番号への発信のほか、電話帳や着信履歴の同期が図れるといいます。6月頃スタートを見込み、他社のかけ放題の半額で提供予定とのこと。

印刷し放題となる「NifMoプリント」は、専用アプリをインストールすることで、印刷と注文の手間を排除。さらに食べ放題では、食べれば食べるほど安くなるよう、割引還元を提供。いずれも提供は今年の夏を予定しているとのこと。

NifMo、富士通「ARROWS M01」SIMフリースマホ発売へ

さて、メインとなるCM発表の裏話として、まずはnifty社員が沢尻エリカさんを1時間の持ち時間で出演を交渉するもようが流れた後、沢尻エリカさんが登場。

NifMo、富士通「ARROWS M01」SIMフリースマホ発売へ

新CMではカメラワークと合わせながらウォーキングするのが大変だったと明かし、「私がスマホを変える」の決めゼリフを披露してくれました。

なお、niftyは本日から4月30日まで、毎日1人NifMoが1年間無料で使える「私がニフモをタダにする。」キャンペーンを展開。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。