ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

戦後の高額納税者を見ながら時代と共に戦後日本を振り返る本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『日本の長者番付 戦後億万長者の盛衰』菊地浩之/平凡社新書/800円+税

 1947年度以降、当時の戦後の新興成金、その後の炭鉱業者から1950年代以降の松下幸之助、そして土地長者や株長者、さらにバブル後のソフトバンク、ユニクロといった創業者まで毎年の高額納税者を見ながら、それぞれの時代と共に戦後日本を振り返る。

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高額納税者列伝 69.7億円の元レイク会長や36.9億会社員ら
独自の経営理念と創業者精神を持つ松下幸之助の軌跡を辿る本
パナソニック創業理念 松下幸之助が語った「水道哲学」とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。