ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高木守道の野球カード解説 「笑顔みせたら100万円」本当か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 週刊ポスト増刊『プロ野球&甲子園 甦る伝説』では、プロ野球カードの大特集が組まれている。1973年の高木守道氏(中日)のカードには、裏面に「契約のとき『100万円給料をあげるから、グラウンドで笑顔をみせるように……』」とあった。カード裏面に書かれていた爆笑エピソードは真実なのか、思い切って本人に聞いてみた。「100万円やるから笑え」と暴露された高木守道氏に真相を直撃!

 * * *
 ええ、本当ですよ(笑い)。当時のオーナーから「ホームランを打った後ぐらいニッコリしろ。お前がホームランを打ってニッコリすれば、ボーナスを出してやる」と言われ、実際にいただきました(笑い)。

 僕はグラウンドで目立ちたくないというか、できるだけ目立たないように育てられてきたんです。親父からは「目立つな」と言われたし、高校時代(岐阜商)は「グラウンドでは歯を見せるな」と教え込まれてきましたからね。

 だからどんなプレーでも淡々とやろうと思っていたんです。ホームランを打っても笑わないし、守備ではどんなに難しいゴロでも、「プロなんだからこれくらいは普通だ」と、意識して顔色一つ変えずにプレーしていました。おかげでチーム内では、ある時代小説に出てくる無口な主人公の仇名をとって、“むっつり右門”といわれていたほどです(笑い)。

 元来ファンサービスが苦手だから、最近監督をやったとき(2012~2013年)には苦労しましたよ。サインを頑張ったらチームに目が行き届かなくなったり、リップサービスしたつもりが変に報道されたり。やはりファンサービスは難しいですね(笑い)。

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
福岡SBホークスの「ハニーズ」が笑顔で通路に走り込んでくる
王さん 年賀状で「800号打つ」と書きその年に公約達成した
最もホームラン出やすい球場は東京D、出にくいのはナゴヤ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。