ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高倉健主演任侠映画 次回作妨害のためPが22件の容疑で逮捕

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昭和30年代後半から、ヤクザを主役とし美化した任侠映画が乱造され、結果として若者たちにとって暴力団という職業が稼げて、かっこいいヒーローと認識された側面があった。昭和38年には暴力団員総数は現在の約3倍、18万4100人にまで膨れ上がり、警察もこのヤクザ礼賛の空気を放っておくわけにはいかなかった。実際に、どのような対策を警察が取ったのかについて、フリーライターの鈴木智彦氏がリポートする。
 
 * * *
 警察がエンターテインメントであるヤクザ映画に露骨な妨害工作をしてきたのは、昭和48年の夏に公開された『山口組三代目』という作品である。日本最大のヤクザ組織である山口組田岡一雄組長の一代記で、主役は高倉健だ。

 東映は暴力団筋のトラブル防止策として、この映画のプロデューサーに田岡一雄組長の実子である田岡満氏(故人)を据えていた。公開後、ヤクザではなかった満氏が22件の容疑で逮捕されたのは、大ヒットとなった『山口組三代目』の次回作を取りやめさせるためだった。

「収入印紙の貼り間違いを『収入印紙法違反』とか滑稽なほどむちゃくちゃな容疑ばかりでした。たった1件だけ罰金3万円という処分になったんですが、20年来の友人に会社の役員になってもらい、それを忘れていたというだけ。親父は最初から『まず東映から攻められる。黙っとるのがおかしいわい。1作目なんてようできたやないか』と言うてた」(田岡満氏談)

 田岡組長の予想通り、東映は嫌がらせの取り締まりに耐えられず、あっけなくギブ・アップした。

※SAPIO2015年3月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
任侠映画の乱造 社会にヤクザ礼賛の空気形成する援護射撃に
暴力団と演歌界 稲川会や住吉会のテーマソング歌う歌手も
ヤクザ食生活調査「たいてい吉野家かすき家」と豪語の組員も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。