体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「バカルディ」が提案する新しい味わい。RTD飲料「バカルディモヒートドライ」を2月24日(火)からコンビニで限定販売

氷を入れて注ぐだけ。今、人気急上昇のお酒「RTD」。RTDとは、「Ready to Drink」の略で、栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料の総称だ。具体的には缶酎ハイやハイボール、カクテルなどを指す。RTDがお酒市場のシェアを拡大している。そのため今、各酒メーカーはこのRTD飲料に熱視線を注いでいるのだ。

そしてサッポロビールがRTD市場に新しい商品を2月24日(火)から投入する。それが世界各国で人気の「バカルディラム」を使用したRTD飲料「バカルディモヒートドライ」(税込204円)だ。全国のコンビニエンスストア限定発売となる。

2012年に登場し、女性に人気の「バカルディモヒート」をベースにラムの比率を若干高め、スペアミントのフレーバーを強めた味わい。よりドライとなり食事にも合う爽やかなカクテルに仕上がっている。

近年、お酒を飲むシーンは居酒屋に行くよりも家飲みという人が多いという。まだまだ寒い季節、自宅で友人たちと温かい鍋&「バカルディモヒートドライ」で盛り上がってみてはどうだろう。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。