ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トゥ・キル・ア・キング バスティルと親交が深い英ロック・バンドが4月に日本デビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在UKで大きな注目を浴びるロック・バンド、トゥ・キル・ア・キングのデビュー作と2ndアルバムが4月15日にリリースされる。

 2009年に当時英リーズ大学の学生であったフロントマンのラルフ・ペリーマウンターを中心に結成され、現在はロンドンで活動する5人組ロック・バンド、トゥ・キル・ア・キング。2011年に1stシングル「Fictional State」でデビューし、『My Crooked Saint』『Word Of Mouth』と題された2枚のEPを経て、2013年にデビュー・アルバム『カンニバルズ・ウィズ・カトラリー』をリリース。同年、<Xtra Mile Recordings>と契約し、デビュー作にボーナス・トラックを追加収録した形で再リリースされた。

 その後バンド・メンバー変更を経て、2014年にEP『Pursued A By Bear』を発表。ライブ活動も積極的に行い、3月には【SXSW】に出演。大学生の頃からの親友であるダン・スミスがフロントマンを務めるバスティルやフランク・ターナーのアメリカ・ツアーのサポート・アクトにも抜擢されている。また、2000人キャパのシェパーズ・ブッシュ・エンパイアをソールド・アウトさせるなど、本国イギリスでもその人気は急上昇中となっている。

 2015年1月には2ndアルバム『トゥ・キル・ア・キング』をリリースすることを発表。バスティル5番目のメンバーとも称されるプロデューサー、マーク・クルーを迎え、2014年末にロンドンでレコ―ディングされた。アルバムは、4月15日に日本リリースされ、同時にデビュー作の日本盤も発売される。

◎『トゥ・キル・ア・キング』トラックリスト
01. Compare Scars 
02. Love is not Control 
03. Oh My Love 
04. Friends 
05. The Chancer 
06. School Yard Rumours 
07. Good Times (A Rake’s Progress) 
08. Musicians like Gamblers like Drunks like Me 
09. Grace at a Party 
10. World of Joy (A list of things to do) 
11. Today

◎リリース情報
『トゥ・キル・ア・キング』
トゥ・キル・ア・キング
2015/4/15 RELEASE
2,100円(plus tax)

『カンニバルズ・ウィズ・カトラリー(デラックス・ヴァージョン)』
トゥ・キル・ア・キング
2015/4/15 RELEASE
2,100円(plus tax)

関連記事リンク(外部サイト)

Hostess Club Weekender 節目の10回目を迎えたインディ・ロックの祭典を徹底レポート
ブラーが12年ぶりの新作アルバムを4月リリース 先行曲「ゴー・アウト」のリリックMVも公開
スリーター・キニー、人気アニメキャラ出演の新MVを公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP