ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

演技達者なプロ野球選手は誰? 野球界アカデミー賞があったとしたら?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年も映画ファンを釘付けにした米・アカデミー賞。一方、日本アカデミー賞は今週2月27日(金)に開催される。受賞候補作になっているわけではないが、ここ最近、『KANO』や『バンクーバー朝日軍』、『アゲイン』など、野球が題材の映画が立て続けに公開されていることもあり、野球ファンの中でも演技の魅力に目覚めた人が多いかもしれない。だからこそ、知りたいのが演技上手な野球選手は誰か? ということ。そこで、野球界のうんちくに詳しいスマホサイト『週刊野球太郎』編集部に、球界演技事情を聞いてみた。

     *   *   *

 演技上手な野球選手は誰か? 旬な選手の中では、西武の新外国人選手、アンソニー・セラテリを挙げたい。彼はプロ野球選手であると同時に、映像制作会社社長、という肩書きも持っている。

 さらに、経営するだけでなく、制作する映像作品の中で「俳優」として出演もこなすというから驚きだ。セラテリはMLBでのプレー経験はないが、メジャー公式サイトであるMLB.comとは仕事をしたことがあるのが自慢だとか。

 メジャーリーガーの中で演技が上手、といえば、やはりイチロー(マーリンズ)だろう。2006年の正月、人気ドラマ『古畑任三郎』のスペシャル回「フェアな殺人者」に本人役で出演。シーズン中、守備につきながらセリフの練習をしたといい、収録ではほとんどNGなし。主演の田村正和から、「君は役者神経がある」と評されたほどだった。

 さかのぼれば、映画「仁義なき戦い」「網走番外地」や数々の刑事ドラマなどで悪役を演じ続けている八名信夫は元東映フライヤーズの選手。
 「金曜日の妻たちへ」シリーズで俳優デビューした元中日の板東英二なども代表例だ。

 ただ、近年俳優として目覚ましい活躍をしているのは、元ヤクルト・巨人の長嶋一茂だろう。映画「ポストマン」では主演を演じ、ジブリアニメ「崖の上のポニョ」では声優もこなしている。ちなみに映画「ミスター・ルーキー」でも主演を務め、2003年の第26回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞した。ただ、この役柄が阪神の選手だったことで、巨人ファン、阪神ファン双方から評価を受けていることも記しておこう。

 スマホマガジン『週刊野球太郎』では、「プロ野球キャンプ2015 がんばる選手を応援する週刊レポート」を配信中! 『高校野球&ドラフト候補選手名鑑 for auスマートパス』では、3月21日に開幕するセンバツ甲子園に出場する注目選手を詳しく解説!

 また、2月23日に『野球太郎Special Edition プロ野球選手名鑑+ドラフト候補名鑑2015』が発売。プロはもちろん高校、大学、社会人、独立リーグ、合わせて1500名以上の選手を掲載する究極の日本野球選手名鑑です。

※リンクが表示されない場合は、http://yakyutaro.jp/をコピーしてアクセスしてください。
※『週刊野球太郎』はauスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードに対応、『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』はauスマートパス、ドコモSPモードに対応しています。

■関連リンク
多くの天才が名を連ねる誕生日
イチローに期待されていること
プロ野球選手の「体重事情」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP