ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

太らない食べ方 菓子パン前にこんにゃくゼリーで糖質ブロック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 太るとわかっていても、ついつい食べ過ぎてしまうものだが、食べ合わせの工夫で、少しでも軽減できるという。その方法を専門家に伝授してもらった。

 太るとわかっていても菓子パンが大好物。そんな人は、こんにゃくゼリーで糖質をブロックするべきだと、管理栄養士の浅尾貴子さんは語る。

「炭水化物(糖質)を食べる前に食物繊維を摂取すると、血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。菓子パンを食べたくなったら、先にこんにゃくゼリーなど、 食物繊維の多い食品を食べるのがおすすめ。こんにゃくゼリーは持ち運びもしやすいので、バッグに常に入れておくといいですね」(浅尾さん)

 スープを飲み干すほどラーメンラブ! という人は、野菜とわかめをトッピングするべきというのは、内科医で認定産業医の桐村里紗さん。

「ラーメンは塩分が多いので、塩分と水分が体に溜まり『むくみ太り』しやすくなります。塩分と水分を排泄する、カリウムが豊富な海藻類や野菜を一緒に食べましょう。わかめを追加したり、サイドメニューでサラダなどを食べるのがおすすめです」(桐村さん)

 ケーキを食べるときコーヒーも一緒に飲むといいという説については、「ホントです。脂質の吸収を緩やかにします」と桐村さん。

「コーヒーやお茶に含まれるタンニンやクロロゲン酸などの成分には、血糖値の上昇を緩やかにし、脂質の吸収を抑える作用があります。ケーキを食べるとき、一緒に飲むといいですよ。また、朝なら甘い物をいっぱい食べても太らないというのは間違い。代謝が活発なのは昼~夕方なので、昼食後のデザートとして食べるのが◎」(桐村さん)

※女性セブン2015年3月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
仙谷氏「こんにゃくゼリーの形と硬さ」を政治主導で決定へ
仙谷氏のこんにゃくゼリーの形と硬さ決定に若手議員舌打ち
仙谷氏の政治主導で「こんにゃくゼリー規制の研究会」が発足

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP