ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松坂大輔「キャンプを見る限り全盛期にはほど遠い」と金村氏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 オープン戦が始まっていよいよ各球団も本気モード。評論家の金村義明氏がパ・リーグの順位予想を行なった。予想は以下の通り。

【1】オリックス【2】ソフトバンク【3】日本ハム【4】西武【5】ロッテ【6】楽天

 金村氏がパ・リーグの優勝候補に推すのはオリックス。重視するのは、昨年のセーブ王・平野佳寿がFA宣言せずに残留を決め、「このチームで優勝したい」と漏らした心意気だ。
 
「この言葉がチームを一つにし、球団もこれに応えて本気で補強した。投手陣には広島で2桁勝ったバリントンが加入。金子千尋の残留も事実上の補強です。打撃面では小谷野栄一、ブランコが加入してかなり得点力がアップしています」
 
 対抗馬には工藤公康新監督率いるソフトバンク(SB)を挙げた。だが、メジャー帰りの松坂大輔には厳しい。
 
「キャンプでの投球を見る限り全盛期にはほど遠い。加入による戦力の上積みは期待できないと思います」
 
 さらに、“船頭多くして船山に登る”というチームの雰囲気を危惧している。
 
「一軍の投手コーチには佐藤義則、吉井理人がいて、工藤監督もアドバイスする。二軍、三軍も含めると監督・コーチは総勢26人。工藤監督が首脳陣をまとめるのは、かなり大変なのでは」
 
 2強に食い込む力を持つのは日本ハム。
 
「中田翔や大谷翔平に代表されるように、12球団で一番若いチーム。勢いに乗れば可能性は十分あります。ただつまずけば修正がきかなくなる危うさもある」

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
巨人ファンの間で「オープン戦3位の呪い」ジンクス囁かれ中
SB松坂の再生役 指導者に名投手が集結して「船頭だらけ」に
「阪神フロントには呆れる。スカウトは目が腐ってる」と作家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP