ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロ野球カード レアな基満男と東田正義の当たり付き50万円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今も人気のプロ野球カード。このほど刊行された週刊ポスト増刊『プロ野球&甲子園 甦る伝説』では、1970年代から現在までに発行された80枚以上の「お宝カード」を紹介しているが、マニアの間では根強い人気を誇り、流通量が少ないレアカードとなると、驚くような高値で取引されている。

 全国のコレクターが足繁く通うプロ野球カードの「聖地」が大阪・寝屋川市にある。古物商「キンキーズ」だ。

 雑居ビル2階にある店内には輪ゴムで束ねた野球カードがズラリと並ぶ。「仮面ライダーカード」や、特撮ヒーローやアニメのブロマイド、ソフトビニールの怪獣のおもちゃなどが展示されているが、中でも品揃えの豊富さで「プロ野球カード」は群を抜く。

 この店が聖地たる所以は、入手困難なレアカードが日々持ち込まれるからだ。オーナーの田中康隆氏が語る。

「買い取るのはコレクターアイテムとして価値がある、発売初年の1973年から1996年のカードまでです。それ以降は大人買いする人が増えて、大量にカードが存在するから、価値は下がってしまいます。引っ越しで自宅を整理していたらカードが大量に出てきたといって、売りに来られる方は少なくない」

 そうして持ち込まれるカードの中に“お宝”が眠っていることがある。マニア垂涎のカードとはいったいどんなカードなのか。

「例えば1973年の基満男と東田正義(太平洋クラブ)のツーショットカード。これはレアカードの中でも別格で、全国で10枚ほどしか確認されていません。取引価格は28万円。当たり付きのホームランカードなら50万円で買い取りますよ」(田中氏)

 基・東田のカードは九州や広島などで印刷されたものの、当初の発行枚数自体が少なく、本拠地の九州ですらあまり流通しなかったため、現存するカードは希少だという。それに次ぐ激レアカードは、意外にも作成された種類が多い長嶋茂雄氏のカードだった。

「1978年の長嶋監督の横顔カードです。15年お店をやっている私も、現物を目にしたことはありません」(田中氏)

 このカードを所有するコレクター・伊藤康隆氏に話を聞いた。

「ネットオークションでカードアルバムごと落札して中身を見たら、この長嶋監督のカードが混じっていて思わず大声で叫んでしまいました。約10万円で取引されるカードを破格値でゲットできたんです」

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
プロ野球チップス 93年に「焼きもろこし」になった切実理由
プロ野球カード ロッテの選手版が長らく作られなかった理由
1987年版のプロ野球カード発掘 当時は選手の小遣いまで掲載

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。